ウチのサイトのSEO対策2018、
打ち筋を考えることですね!

まあ、人には得手不得手があるものです。

基本的に商品を買わない系の人間は通販サイトには向いていません。

その商品をすすめる熱量が乏しいというか、、、


でも、通販系のサイトでしか稼げないという、そこにしかすがれないという事情もあります。

高額サービスの広告を打とうと思ったら、その分野でそれなりの知識が無いと話になりません。

最低でも、自分がそのサービスを使った上での感想を書かないと、文章に説得力が無いのです。


それで私が打った手は、数打ちゃ当たる系、、、

これはと思った商品を毎日探して紹介するわけです。

検索スキル高いですよ! 私は、、、

逆張り、だじゃれ、言葉たらず、誤字脱字、存在しないものを探す、高額商品

繰り返しネタとか、色々使えるわけです。


「いか玉?」も商品が売れない理由は分かっていて、「わんこ」と共通の問題、、、

ワードプレスで「投稿」で記事を書くと記事タイトルをクリックされるてしまうと記事が1個1個しか読めなくなる、、、この仕様によるところが大きいと考えています。


まあ、そんな状態でも「イカ玉」「おすすめ」でGoogle検索5位くらいは取れるわけです。

上に起因するところが大きいのですが、通販サイトとしてでは無くネタ系サイトとしてはウチのサイトは面白く、、、評価されていると云うことです。


まあ、ネタ系サイトでは嘘はつかない方がいいですね!

基本、どんなサイト運営してもそうですが、

お客さんをミスリードさせ、驚かす、、、これが基本です。

ミスリードをさせても、お客さんの予想範囲内だったら評価は下がるわけです。

また、だまし討ちも、、、

「ふざけるなと、、、」、まあ、漫画で云う夢オチですね!

打ち切り漫画がこれをやると、人気漫画がこれをやって物語を収束させようとすると、、、禁断の手法であるわけです。

嘘をつくのはこれと同じです。


以前、他のサイトで噛みついたのですが、

プログラマに必要なプログラム言語は何ですか?

という書き出しで書かれていた記事があるのですが、

Object C

Swift

ビジュアルBASIC 等、、、書かれていてここから選んでください的な書き方をしている記事があったのですが、

その馬鹿のオススメは、英語、、、

そもそも、プログラム言語では無いですよ!

1人でどうやってプログラム書くんですか?


要はコミュニケーション力を鍛えて、他人にプログラムを書かせろというもの、、、

あんまり、お勧めしませんが、この手の商法を使うなら、

選択肢は全部必修、全部不正解とかにするべきです。

そして話を仕切り直し、結局選ぶのはあなた次第とかでまとめて、

プログラミングスクールを勧めるのが筋だと思うんですが、英会話スクールを勧めるなんて、、、

これについては怒りがこみ上げてきました。


このサイトはスクリーンショットネタが多いです。

言葉で言いくるめて、何と無くわかった系の話を書くサイトが多い気もしますが、ウチのサイト、手持ちのサイトは上位表示の実績があるサイトが多いので説明に困りません。

現在、検索順位は5位、、、

貴方は、どうやって順位を上げますか?


さらっと答えを書くと、1、2位のサイトの説明書きを読みなさい、

3位、4位のサイトの説明書きを読みなさいってことです。

麻雀の捨て牌と同じです。公開されている情報に全ての真実が詰まっていると云うことです。

検索エンジンは放っておいて、人間相手で考えた場合、

「みんなが作っている」「レシピ」「クックパッド」「簡単おいしい」「プロ」「料理家」が「イカ玉」「おすすめ」で求められている答えです。

私なら、料理本を探します。クックパッドの、、、

まあ、この段階で順位不相応なくらいの位置にいますので簡単には上げられませんが私ならそういう戦術を使います。