ウチのサイトのSEO対策2018、
器用では無いんでわかる人には分かってしまいますが、、、

IPhoneアプリを作成しています。

まあ、やっとサポートページの運営に力を入れ出したというか、、、

AppStore内でどれだけ頑張っても限界があると気付いたのでサポートページを販促ページに作り変えて販促に乗り出しているところです。


AppStore内って自由気ままに紹介文を書けません。

明文化されているところからそうで無いところまで、、、

Appleの意向に添えない内容の説明文は載せられません。


また、文字数も限られていますし、逐次、説明文を更新とか出来ません。

最新記事という別枠での説明文はいつでも変更は可能ですが、文字数制限は有りますし、内容によってはAppleの逆鱗に触れることでしょう!


つまり、当たり障りの無いことしかしか書けないのです。

「詳しくはWEBで、、、」CMで持て囃される手法ですが、これはアプリ販売に関わってくる重要な事です。

サポートはしっかりしているか?

適時、ユーザーの望む情報、使い方の提案をしてくれるか、、、


無料アプリなら兎も角、お金を取るアプリなら管理体制を見られます。

最終的に購入するかの判断はサポートページで行われる可能性が高いのです。

そんな重要なページを、AppStoreのカーボンコピー程度の記事しか載せていなかったら、、、

販売の機会を逃してしまいます。


2日前からサポートページを作り直しています。

これこそ、特化型通販サイトです。

SEO特化型の、、、


まあ、私はある程度のバックリンクや知名度さえあれば、SEO的に成功させることが出来ます。

比較的簡単に、、、


今更、ドメインは変えることは出来ないので、サイト名とサブタイトルを変更しました。

まあ、それだけで今まで検索に引っかからなかったページが上位表示です。

100位圏外から20位〜なら2日の実績ならば上出来でしょう!


まあ、最低限の知名度を持っていることが前提ですが、もしくはプレミアムドメイン、希少文字列ドメイン、、、

一瞬でも良ければ順位を上げることなんて造作ないんです。

サイト名とサブタイトルを使えば、、、

例えば「お好み焼き」が欲しいとします。

これをグーグルで検索します。

検索後、検索ページの一番下に出る検索類義語の一覧を見ます。

この中から自分が使いやすいキーワードを選んでください。

それを「サイト名」「サブタイトル」に割り振ります。

それだけです。


その選んだキーワードに負けない、名前負けしない記事を書き続けることが出来れば上位に表示されます。

簡単でしょ! トリックは、、、


「お好み焼き」の場合だと欲しいキーワードは、「広島風」と「美味しい」かな?トレンドに入っている言葉なら、、、

私は「冷凍食品使い」、「検索エンジン使い」でもあるのでそこに深い知識が無くても何とかなります。


サイトの運営に伸び悩んでいるなら、荒療治ですが効果は有りますよ!

あと、文章として完成させることですね!

キャッチコピーとして、、、