ウチのサイトのSEO対策2018、
ASOが出来たって意味が無いんです。

サポートページが駄目駄目じゃ、、、

自戒の意味で書きます。

サポートページのトップページにリリース情報なんて置いちゃ駄目です。

全く新規のお客さんにはリリース情報なんて意味がないです。

特に、レビューも無い、無名の無料から有料に切り替えたばかりのアプリには、、、

無料アプリは、敷居が低い分、AppStore内だけの記事でダウンロードしてもらえる可能性が有りますが、有料だと例え最低料金の120円であろうとお客さんは途端に真剣になります。

全ての情報を見て購入すべきかどうか判断するわけです。

レビューが300あったとしたら、全体のスコアと代表的なレビューだけ読まれます。

レビューが無いときは如何するかと云うと、判断に迷った時に如何するかと云うともっと詳しい情報を求めてサポートページに来るわけです。

そこが、新規のお客さんにとってつまらない情報だらけのページだと乗る気だったお客さんは駄目だと判断してしまうんです。

私はSEOとASO、、、共にそれなりに出来るわけですが、それだけでは駄目と、お客さんに駄目出しされてしまったんです。

まだ、ワードプレスの特性、IPhoneユーザーが好むレイアウトが掴みきれていない状態です。

コンテン不足は認識できたので、サポートページはグーグルに評価される程度の記事は書けていたんですが、いかんせん、内部リンクの繋がりが悪く、一見さんはすぐに逃げだしてしまう始末、、、

サポートページですから、無料の時にダウンロードしたお客さんも来るわけです。

その人が読み込んでくれても、検索順位は上がるわけです。


まあ、今回はいろんな意味で失敗しました。

もう少し、少ないながらも来てくれるお客さんのことを考えるべきだったんです。

基本、パソコン、スマホ両方ともお客さんはボタンは押しません。

それをよく考えるべきだったんです。


これまた、ワードプレスの悪口になりますが、パソコンページとスマホページとで挙動が違う、迷惑なことを平気でやってくれます。

パソコンで表示されているメニュー、スマホの時はボタンの下に隠すんです。

ことの原因、本質的な原因のひとつがこれです。

トップページに常に全ての情報を表示させて置かないと、内部リンクの置き場所を適切な位置に置かないと見てくれないんです。


この仕様が嫌いで、たまらなく嫌いでしたが、対処しようが無く放置していました。

ワードプレスの標準テーマは改造してナンボのものです。

標準では使えません。 はっきり言います。標準では使い物になりません。

所詮はパソコン屋が作ったシステム、、、スマホユーザーが使いやすいシステムになっていないんです。


お客さんがやってくれるのは、嫌々でもやってくれるのはスクロールだけです。

何の情報も示されていない。「次へ」のボタンなんか押してくれません。

これは、アフィリエイトする時に、検索10位以内に入れと云うのはこれに該当するのです。

これが20位まで、1ページ目に入っていれば20位まではOKなんです。

「次へ」なんて不確かな情報だけのボタンなんか押してくれないんです。


ウチのサイトだけに限らず、お金を持っていそうな企業系サイトですらスマホに特化したサイト、、、

見た記憶がありません。

出来が良いと思ったサイトもパソコンページの方が充実している始末、、、

少なくともアプリのサポートページはお客さんにストレス無く使ってもらえるページじゃ無いと、話になりません。

パソコン用ページなんて作るのは楽なんです。

画面が広いから、多少ミスっても何とかなります。


スマホ用ページは考えなしに作るとはまります。

ここ2週間で今まで問題点が見えていなかったところが色々と見えて来ました。

これを対処しない限り、アプリのダウンロードは望めません。

幾ら本人がこだわりの自信作と胸を張って思っていても、サポートページが駄目だとそっぽを向かれるんです。

SEO、ASO対策がバッチリでもそっぽを向かれるんです。

例え検索1位を取ったってそっぽを向かれるんです。