何処まで煽ることが出来ますか?

ある意味、これが出来れば結構よい条件で商売が出来るはずです。

煽るという言葉のイメージが悪いなら、「キャッチコピー」

30文字でキャッチコピーを書けますか?


これが出来ると出来ないとでは全然違いますよ!

30文字で自分のサイト、商品を宣伝出来ますか?


30文字と言われて30文字きっちり使うのも如何かと思いますよ!

理想は17文字、、、17文字で自分のサイト、商品を宣伝出来ますか?


まあ、自分はIPhoneのアプリの開発者でもあります。

アプリストアのアプリ名に使用できる文字数は最大30文字、、、

サブタイトルを入れても60文字な訳ですが、貴方ならどういう風に名前を付けて、さり気なく宣伝しますか?


最大60文字、、、

これをフルに活用すれば検索キーワードをふんだんに入れ込むことが出来ますがお勧めしません。

その成果もあって検索に引っかかったとしても、的を得ていないキャッチコピーではタイトルですら読んでもらえない可能性があります。


理想は2音節、、、多くて3音節だと私は思っています。

俳句なんです。

はっきり声を出して読む、、、興味が無い事柄では2音節、多くて3音節が限界です。

そして、可能性を高めるには一文字でも短く、且つ判りやすく、、、

無意識にでも読んで貰うためには、、、

無意識でも琴線に引っかかれば、スクロールの手も止まって見てもらえる、、、私はそう思っています。


17文字で2音節、、、如何やって宣伝するかです。

アイコン作成についてもそうですが、複数の意味を含めることは17文字じゃ出来ません。

如何やりますか?


17文字を読んでもらえて、次の17文字を読んでもらえる権利が与えられます。

そして、商品説明の画像2枚を見てもらえます。

アイコンも、、、


アプリ名、画像、アイコン、、、ここら辺は順不同です。

それぞれ、段階ごとに関門があり、そこを及第点であろうとクリアしないと先が無いわけです。


17文字で何をやりますか?

概要を説明するしか無いです。

判った気にさせるしかないです。


判った気にさせ、次に進ませるためには、、、

謎掛けが一番です。

?マークは要りません。

読んでくれている人が頭の中で、疑問に思ってくれるなら、そんなものは必要ないです。


現時点で私が理解したルールです。

ずっと謎掛けを続け、1つの謎が解けたら新しい謎が出題され、それを特には先を見るしか無い、、、そういう状況を作り出す訳です。


まあ、アプリの話をしていますが、ブログについても同じこと、、、

タイトルで嫌われたら先が無いわけです。

アイコンも無いし、画像も基本的には無い、、、そういう状態で勝ち抜くためには、文章力を磨くしかないんです。

キャッチコピーを作る技術を、、、


まあ、これを何処まで信じるかは貴方次第です。

他のサイトでは適当に流して記事を書いているところも在るし、そもそもメジャーになりきれていないサイトの書くことです。

唯、自信をもって書けることは、現時点で私にとっては真実であること。

知り得た事実、習得した技術を全てさらけ出した訳では無いですが、基本理念は語っている、、、そういう文章です。


後戻り出来ない状況を作り出してから、詳しい説明をすれば良いんです。

因みにアプリストアでは、お客さんからは見えない隠しキーワードを設定出来ます。

文字数は100文字、、、

キーワードを詰め込むならそこです。


100文字に何時間掛けられるか、、、

そこが成功の秘訣です。

私の成果についてですが、現時点で1日400人〜500人

中々、本文まで目を通してもらえませんが、例えるなら店の前の道を1日400人〜500人が通り過ぎる、、、そういう状態です。

上の対策をしていない状態でも、、、

キーワードに問題が発覚している状態でも、、、

アメリカ人が370人で日本人が30人って、明らかに失敗しています。


アプリ名、キーワードはアプリ改定のタイミングでしか出来ませんが、少なくとも1日1000人は店の前を通り過ぎる、、、

そういう状況を作れるかなと思っています。

今から見ると、設定したキーワード、、、相当失敗しているし、、、

何処に問題があって、如何対応すれば良いか頭では判っているし、、、

これを信じるも信じないも貴方次第です。