「英訳サイト」、、、何処を信じますか?

まあ、アプリ製作者な訳です。

アプリ製作者ではありますが、

余りアプリ作成にお金を掛けられない状況です。


英語版もリリースしていますので、最低限アプリ内は専門家に翻訳を依頼して対応をしていますが、時期によってはバグ連発で1週間に1回、リリースをし直す、、、

そういう時もあるわけです。

他が如何かはしりませんが、翻訳業者って支払いが大変なんです。

見積もり依頼をして、その金額を振り込む、、、

クレジットカード1枚で何でも出来るっていう世界ではないんです。

今時、その都度、銀行振込、、、まあ、コンビニでも出来ると思いますが、、、


また、1文字の翻訳が数円の世界、、、

お願いする方も、お願いされる側も気持ちよく仕事をするには、後の関係を維持するためには、ある程度まとまった原稿量が必要なんです。

最低1回の依頼が1万円になる位でないと、下手すれば店晒しです。


結果、タイミングによっては、WEB上の無料翻訳アプリに頼らざる得ないんです。

そういう場合、あなたなら、どこの翻訳アプリを使いますか?

翻訳アプリ、何処も50歩100歩のところがあって100%信じ切れる内容では無いことは事実としてありますが、どこの翻訳アプリを使いますか?

私は断然、Google翻訳を信じます。

先ほども書いたところ50歩100歩のところはあります。

回りくどい書き方とか、正しく翻訳されない可能性があります。

それでも、Google翻訳を信じます。

Yahoo翻訳、、、横を見てください。

納得出来ない翻訳は、専門家に依頼出来ますよ?っていう広告が出ています。


翻訳の精度向上はそっちのけで、金儲けに走っているんです。

実際、精度が低いような感じがします。


Googleはイメージ戦略とブランドを守るため、

Yahooは翻訳サイトに誘導して、あわよくば小遣い稼ぎ、、、

貴方ならどちらを信じますか?