どうも、アルゴリズムが変わったみたいです。

アプリストアの検索アルゴリズムが、、、

今まで比較的、楽勝だったのですが、その戦法が通用しなくなりました。

まあ、使えない戦法は隠していてもしょうがないので、ここで書きますが、

アプリ名で現物を取りに行く、、、余計なことを何も書かずに、、、

以前はこれが最強だったりしました。少なくとも私が把握している中では、、、

アプリ名が一番強い、、、他の解説サイトにも書いてありましたが私もそう思います。

その次に強いのがサブタイトル、、、ここも現物を取りに行きます。

ここで言う現物とは、「その商品を示す言葉」と「ジャンル」です。

例えば、アプリ名を「だいこん」、ジャンルで言えば「野菜」と言う名前で取ります。

競争が激しいと、現物そのものは取れません。

それでも、プラス1文字で抑えてください。

どうもアプリストアの検索エンジンの論理では、検索ワードと一致度が高いものを、ダウンロード数や評価数より優先するというアルゴリズムがありました。

私はそこら辺の癖を見抜き、これはというキーワードをアプリ名にして検索順位を稼ぎました。

年明けまでは8位ー14位くらいをうろうろしていたのですが、広告を貼ったアプリはダウンロード実績でここら辺にカウントされるんです。

広告を出さなくなった瞬間に消えますが、、、

それが今は40位くらい、、、はっきり言って上はランカーしかいません。

きちんとしたコメント数、ダウンロード数を持ったアプリしか、、

サブタイトルが弱くなりました。

普通のキーワードと同程度かな?

このような状況になると、アプリ名にキーワードを入れた方が有利になります。

アプリ名、、、言うなればサイトでいうドメイン名です。

重複が効かない言葉、、、これが検索エンジンの中では強い力を持つんです。

アプリ名が最強なのは今も変わりませんが、サブタイトル、キーワードはアプリ名を装飾する言葉、、、検索されそうな言葉を選ぶ、、、

例えば、「新鮮」「産地直産」とか、、、

如何にセンスが良いキャッチコピーを書けるか、、、

そういう当たり前の勝負になったみたいです。

少なくとも現物で勝負するなら、それなりのダウンロード実績とコメント数が無いと上位には表示されない、、、

まあ、これが正しいか如何かは私は関係者では無いので判りかねますが、、、少なくとも私はそう感じています。

また、それを前提にするなら戦い方がある、、、まあ、なんとかなると思います。