昔話をする権利って在りますよね?

アプリの手直しをしています。

色々な機能が絡み合って、複雑怪奇な動作をしていましたので、修正しました。

部外者から見るとそれはもう、複雑怪奇な動作をするんです。

それに伴いアプリ内に説明文を追加しています。

アプリ製作者側からすれば、機能が単純なアプリなので説明が不要だと思うレベルなのですが、これもお客さん側からすると突き放した感じになるので、、、

まあ、長々と説明を書いて良いのは、ブログだけ、、、アプリ上の説明文は簡素に書かなければいけません。

それなりにセンスがいるんです。

読める大きさで書かなければいけません。そして文字枠が決まっていることが多いので、それに合わせる工夫が必要なんです。

これが日本語しか気に回っていない人間が多いこと、多いこと、、、

私が日本人だから、日本語と言っているだけで、海外のアプリもそういう傾向があります。

無関心、やっつけ仕事なんです。

まあ、私は日本人で、日本語でアプリを作っていますが、それを英訳して英語版のアプリを作る訳です。

でもね、こと組み込み用のアプリに入れる英訳って、最悪、意訳になろうが文法的に間違っていようが、枠内に収めないといけない訳です。

まあ、そこら辺を判っていない人間が多い訳です。

前の会社なんて正にそうです。

あの、ペーペーから指摘されるって恥ずかし気ないですか?

今まで誰も気付かなかったんですか?

よく、そんな商品を海外で売る勇気があるし、売っていたって、、、馬鹿ですか?

お金、私より多く貰っていますよね?

因みに具の骨頂って、こういう事を言うんですよ!

センター割付、、、

5文字しか入らない文字枠に、10文字入れたら、、、

それをセンター割付したら、、、中央の5文字しか表示されない訳です。

半角と全角の違いがあったとしても、、、最初の1文字2文字が尻切れとんぼって、、、

こういうのは、UI(ユーザーインターフェイス)を論じる以前の低レベルな問題です。

当たり前のことをやらない、、、

まあ、幾つか方法はあるんですがねぇ、、、

偉い人には解らないんですよ!

下賎な人間の考えは、、、

それがベストな方法とは思いませんが、スクロール表示もありです。

マウスオーバーで全文が表示させるのもそう、、、

逃げ道なんて幾らでもあります。

まあ、私は書家なんで、また以前の経験で写植系の最低限の知識もありますので逃げ道は通常の人が考える倍の方法くらいは用意出来ますが、、、

まあ、判っていない人が多すぎるんです。

その英訳、訳は正しいかも知れませんが、不適切かも知れませんよ?