勉強になるなぁ、、、

https://ja.wikipedia.org/wiki/起承転結

まあ、いつものごとく、ワードプレスは嫌いです。

それはいつもの事なので、放っておいて、、、

プレゼンの書き方のヒントが書かれていました。

ーーー

観念的には判っていましたが、説明しようとすると、実践しようとすると出来ません。

そもそも、承って何?って事です。

また、これは世間一般に通用する話し方では無いとのこと、、、

ーーー

これじゃ外人さんは説得出来ませんよという事です。

外人さんにそんなことやったら飽きられますよ!

「承」は予定調和、日常を描けって事です。

「起」は始まり、「転」はどんでん返し、「結」は終わり、言い訳

ーーー

「承」は要らないかな?

少なくとも今は、今の時代は、、

ーーー

因みに私のプレゼンは、「起」だけかな?

超強力な呪文を唱えて終わり、、今のプレゼン資料はそんな感じです。

キャッチコピーだけで済ましています。

キャッチコピーの三重掛け、、、煽りまくっています。

喧嘩を売っています。そういうプレゼン資料です。

ーーー

上から目線より更にタチの悪い書き方をしている訳です。

でも、効果は抜群です。

検索に引っかかる率は高いんです。

検索順位は高いんです。

ただ、無視されるだけ、、、そんな感じです。

ーーー

ちょっとアップルから指導が入ったからそんな感じになったんですが、、、

まあ、今回はキャッチコピー(問題定義)だけでは売れない、、、

それが判った次第です。

因みに「承」が要らないと言うのは、お約束、一般常識を利用するからです。

共通認識を使えば、「承」なんかに力を注ぐ必要なんてありません。

ーーー

外人さんに売りたければ三段論法で売れって事です。

問題定義して、解決方法を提示して、売りつける、、

ーーー

まあ、判ってはいても、プレゼン資料を作り直すには時間が掛かる訳です。

直ぐには出来ません。お守りをするものが多すぎるんです。

そして、アプリの改修も終わっていません。

ーーー

基本、負け戦は得意です。

全てが出揃っている状態で後発組、、、そして手加減無用なところが良いです。

多少は気を使っています。まあ自己保身のため、、、そういう意味合いが大きいですが、、、

それでもリアルで動く時とは自由度が違います。

ーーー

一撃で仕留めに来ています。

私の敗因は一撃で仕留められると思ったこと、

逃げ道を塞がずに仕留められると思ったのが愚かだったんです。

ーーー

基本戦えば戦うほど強くなります。

私は世間の常識を知らないだけで、その実、解決方法は幾つか持っています。

私に認識されたら駄目なんです。問題点を認識させちゃ、、、

昔は兎も角、、、今は強いですよ!