戦闘力は2800です。

ここで記事を書くのも久しぶりです。

日頃から何かをやっている訳です。

そして、結構バカなことをやっています。

アプリの改修作業を続け、これが最後だと毎回思いながらシステム改修を行っていますが、流石にこれが最後です。

やっと、私の感性とお客さんの好みが噛み合って来ました。

今までは、その感覚の違いによりメジャーに成りきれなかったのですが、何時も何かしら使いにくいと言われ続けて来たのですが、やっと私の目指すべきシステム、お客さんが普通に使えるシステムに辿り着きました。

まあ、採取確認で知人に見てもらったのですが概ね良好、、

そして2人とも操作に手間取るところは同じ、、、

1日、ロードテストを行い発見した不具合に加えてそこを直せば、そこに関連する、戸惑う条件の箇所を直せばアプリは完成です。

同じシステムをベースにしているアプリの修正が怖いですが、殆どリメイクになる位の作業は恐ろしいですが、それさえ乗り切れば、、、

基本、SEOなんて楽勝です。

そして今後は基本的にそんなことを考えなくても良いです。

戦闘力2800のアプリを保有している身に取っては、評価点数4.5を持つアプリを保有している身にとっては、、、

良くも悪くも評価人数が少ないです。

悪く言えば信頼が無い、良く言うと発展途上です。

そして最近滞っていた評価が増えて来ました。

ここ1ヶ月、2ヶ月、、、

アプリに致命的な不具合が発生していました。

知らないのは製作者だけという酷いものです。

それを知ってしまうとマトモにお金儲けするのが馬鹿らしくなる位、

それ位、アプリの存在条件を否定するような不具合です。

今は基本的に5しか貰っていません。

現在、アメリカでの評価人数は26人、、、

無料から有料への移行のタイミングを評価人数50人、若しくは100人と見込んでいますが感覚的にはそこへ到達する前に4.8は到達します。

現バージョンは脇の甘いアプリですが、それは最新の開発版を知っている人間が言えること、、、

操作が判りづらいと言われても手抜き、出来の悪いアプリだとは言われないレベルのアプリです。

逆にマニアック、凝りすぎと言われるレベルのアプリ、、、

そんなアプリですがら自分の意見を通すために、アプリの改良をお願いするために恣意的に低い点数を付ける方も中には居ますが、

ある程度の規模、そしてアプリ製作者側が感知していない自然発生的に集まった評価に対して真っ向から1を付けられる人間はなかなか居ません。

それに1を付けると言うことは、意見を言いながら1を付けると言うことは、自分は大多数の人間とは違うんだと大声で喋っている様なものです。

1や2という評価は、操作していない正当な評価であると証明するためには必要な物ですが、それを必要とする時期は終わりました。

大手がお金を掛けて作るゲームの様なものです。

金に汚いとか意見を書かれても、それはゲーム自体の面白さに対する評価じゃない訳です。

そして好き嫌いとは別の話、、、出来が良いか悪いかの話でいけば、大手のお金を掛けて作ったものはゲーム性が同じとかの批判はあるにせよ、ムービーだけとか言う評価はあるにせよ、個人が作るアプリを大きく超えている訳であり

そこを否定できる人間は殆ど居ない訳です。

私のアプリは余りにマニアックに時間を掛けて作ったアプリ、それを一般の人でも初見で分かるレベルに段階的に作り直して来た訳です。

自画自賛かも知れませんが、4.8は行くんじゃないかな?

名声を得てしまえば、後は何とでもなります。

1度ブランドになってしまえば、他のアプリを売り出すのは楽なんです。