どう呼ばれたいか、、

それが答えの様に感じています。

アプリ名の、、キーワードの、、

しゃべり言葉、、それも条件です。

ネット上では、SNSを絡めない限り、ここからの逆転は無理だと思いますが、

アプリストア上では、それが可能だと思います。

例外なく、画像付きの販売ページ、、、

知名度があろうが、無かろうがこの条件は変わりません。

お客さんを魅せることが出来れば勝ちな訳です。

そして、私は売れないなら売れないなりに、アプリを配布し始めて2年半は経っている訳です。

それなりの検索順位をキープして、条件が悪かろうが1日のダウンロード数は0にはなりません。

目立つことは目立っている訳です。

ただ、説得出来ないだけ、押しが弱いだけです。

今まで、現物さえ押さえておけば、安泰だと思っていたのですが、アプリ名を「どう呼ばれたいか」に変更したところお客さんの食いつきが良いです。

キーワードはアプリ名を変えたところで、いきなり弱くなる訳ではなく、しばらくの間は強い、、そういうことだと思います。

予測変換のリストに表示されるような「現物」を持っていたのですが、それを捨てて賭けに出たのが成功した様です。

ネット上の検索で絞り込む言葉、、言うなればそれがキーワードです。

数を減らさないと自分の探しているものを探しにくい訳です。

絞り込まれた時点で、お客さんは濃くなります。

本気度が違う訳です。

そこにお客さんが満足出来るアプリを用意出来れば、、、