プロの技とは何か?

って事でしょうね!

「いきなり ステーキ」の本質は、、

現実問題、バイトなんて何処でも入っている訳です。

厨房にも、、

これが、給仕だけならまだ納得ですが、、

ーーー

外食っていうのは、プロの店に行って食事をすることです。

それがどんな些細な店であろうとも、コンビニのおにぎりを食べることですら、そういう事です。

ーーー

さて、バイトが切り盛りしている店でプロの味を出せるのか?

家で食べた方が美味しいでは論外な訳です。

作るのが面倒、、それも立派なプロの味な訳です。

ーーー

誰が作っても同じ、、、新人だろうとベテランだろうと、、

それを突き詰めるとセントラルキッチンに落ち着く訳ですが、

「いきなり ステーキ」は?

まあ、私は行ったことが無いので本当のところは判りかねますが、

ヤフコメなんかを見ると、肉買って家で焼いた方がマシ

という意見が散見します。

ーーー

素材に極力手を加えず食す系っていうのは、

チェーン店には向かないんじゃ無いかな、、

コックが休みなく、厨房に立ち、店を切り盛りしているなら兎も角

そこにはコックのテクニックが出るでしょうから、、

ーーー

因みに焼肉、、素材に極力手を加えない系の筆頭だったりしますが、

炭火、強力なコンロ、、

一般人が買えはしても、多種多様な肉の部位、、

そしてタレ、、

ーーー

とてもじゃ無いですが、店と同じレベルのものを家で食べられません。

ステーキは、、

1種類の肉をただ、焼くだけ、、

焼くのにテクニックが要らないとは言いませんが、主婦ならば

バイトなんかとは年季が違うでしょう!

ーーー

外で食事、、、店の雰囲気で一味も二味も違ってくる筈ですが、

そこら辺を否定している店って、、、

以前、記事で読んだことがありますが、お客さんの回転率を上げるために立ち食いにしたとのこと、、

つまり、おもてなしでは無く、店の都合な訳です。

ーーー

そこにしか無いものを提供する、、それが出来ない時点でビジネスプランは破綻していると思いますよ!

別件ですが、パスタなんて誰でも作れるとうそぶいた知人が居ましたが、

本当にそうでしょうか?

ーーー

そりゃ、同じ食材が手に入れば、店に出すものと同程度の料理を作れるかもしれませんが、

その前提条件、、同じ食材が一般人には手に入らない訳です。

それって、不可能ってことです。

同じ予算で美味しいものを作れるかと言うと、、

無理でしょうね!

ーーー

それに料理レシピって、言葉に出来ないことを言葉にしていると言う最たるものです。

最終的な味の微調整は本人任せ、、

言語化出来る箇所を言語化しただけ、弱火がどれだけの弱火なのかも怪しいところです。

料理本に頼っている時点で、それは料理が出来ないと同意なんです。

ーーー

結局のところ、その手の人間が言っていることは、

缶詰を温めること、パスタを茹でるということで、

一般流通していないパスタとか使われた時点で、家では再現出来ないんです。

ーーー

本来、家では再現出来ないプロの味が、嘘でも何でも無く再現出来る時点で、、ビジネスプランとして破綻しています。

原価率が6割、7割ということは、店で食べる予算で1ランク上、2ランク上の肉が店で買える訳です。

それってプロの技も霞むハンデです。

そしてそのプロの技と思っていたものが、バイトだったら、、

ビジネスが破綻するのは当然でしょ!

これと言った武器が無い状態でよく今まで戦って来れたものです。

ーーー

自分だけの特異性、プロの技だと思っていたことが、誰でも知っている

教科書にすら載っている事実だったって事です。

これが自意識過剰でも何でも無く、誰の目から見ても真似出来ない事なら、

どんな些細なこと、くだらないと言えることでも誰にも真似出来ないのなら、ビジネスとしては勝ちということです。

ーーー

まあ、現実にはそれを、その事実を如何に世間に知らしめるか? という問題はありますが、、

でも、ネット全盛の時代、1人の味方を付ければ勝ちという世界です。

ネット世界で影響力のある人を味方に付ければ、、