ケーキ屋なのに新製品としてハンバーガーを出そうとしている、

そんな感じです。

食べ物屋としてのノウハウがあっても別分野、、

そこでバリエーションを作ろうと考えたら、はまります。

ーーー

話を変えますが、お前馬鹿だろうという輩は存在します。

そういう人間が幅を聞かせているから嫌なんです。

えーと、15インチのMacBook Proを使って記事を書いていますが、

文章の編集画面は狭いです。

そして、これが21インチのiMacになっても変わらないでしょう、、

こんな馬鹿がいる限り、、

一度付けたタイトルに意味がありますか?

デカデカと、本文の2、3倍で表示する理由が、、

こういうのをセンスが悪いって言うんですよ!

そして執筆作業の邪魔です。

えーと、始まりと終わりが肝心です。

途中は筋道がそれようが、話が面白ければそれで良いです。

記事を書きながら文章構成を考えるのですが、検討スペースが無いんです。

邪魔なタイトルのお陰で、、

ーーー

怒りが少し収まったので話を戻しますが、アプリ作成の話です。

それなりにノウハウがあるので、流用出来るパーツを使って豪勢に作り始めたのですが、アップルに申請を却下されて作り直しているわけです。

恨んで拗ねていても一向に話が進まないわけです。

これは、ビジネスパートナーへの提案、プレゼンな訳です。

そこで、その案には乗らない、考えが甘すぎると言われたところで、、

商談の間中、ずっと拗ねていますか?

相手の欲しいと言うものの提案をし、また、持ってきたプランが全て却下されてノープランになったとしても、相手の話は聞けるものです。

そこで、自分の力量を考え、出来る提案をする訳です。

ーーー

チーズバーガーも同時に売り出そうとしていたわけですが、

それはハンバーガーがしっかり完成していることが大前提です。

ハンバーガーの味、品質が安定しない状態で、いわゆるトッピングとか、

味違いなんてやっても売り上げなんて上がるわけがありません。

ーーー

アプリのメイン機能に不具合が有りまくり、それが不具合で済んでいるウチはカワイイものですが、システムがクラッシュしまくる状況は目も当てられません。

そんな場合は、多少の手戻りが発生しようとも、必要最低限の機能以外は削除して確実な基礎、土台を作り上げていくしかありません。

それが妥協の産物でも夢を見続けていてもアプリは完成しないんです。

辛くても、面白くなくてもやらないと、、