どうも、アルゴリズムが変わったみたいです。

アプリストアの検索アルゴリズムが、、、

今まで比較的、楽勝だったのですが、その戦法が通用しなくなりました。

まあ、使えない戦法は隠していてもしょうがないので、ここで書きますが、

アプリ名で現物を取りに行く、、、余計なことを何も書かずに、、、

以前はこれが最強だったりしました。少なくとも私が把握している中では、、、

アプリ名が一番強い、、、他の解説サイトにも書いてありましたが私もそう思います。

その次に強いのがサブタイトル、、、ここも現物を取りに行きます。

ここで言う現物とは、「その商品を示す言葉」と「ジャンル」です。

例えば、アプリ名を「だいこん」、ジャンルで言えば「野菜」と言う名前で取ります。

競争が激しいと、現物そのものは取れません。

それでも、プラス1文字で抑えてください。

どうもアプリストアの検索エンジンの論理では、検索ワードと一致度が高いものを、ダウンロード数や評価数より優先するというアルゴリズムがありました。

私はそこら辺の癖を見抜き、これはというキーワードをアプリ名にして検索順位を稼ぎました。

年明けまでは8位ー14位くらいをうろうろしていたのですが、広告を貼ったアプリはダウンロード実績でここら辺にカウントされるんです。

広告を出さなくなった瞬間に消えますが、、、

それが今は40位くらい、、、はっきり言って上はランカーしかいません。

きちんとしたコメント数、ダウンロード数を持ったアプリしか、、

サブタイトルが弱くなりました。

普通のキーワードと同程度かな?

このような状況になると、アプリ名にキーワードを入れた方が有利になります。

アプリ名、、、言うなればサイトでいうドメイン名です。

重複が効かない言葉、、、これが検索エンジンの中では強い力を持つんです。

アプリ名が最強なのは今も変わりませんが、サブタイトル、キーワードはアプリ名を装飾する言葉、、、検索されそうな言葉を選ぶ、、、

例えば、「新鮮」「産地直産」とか、、、

如何にセンスが良いキャッチコピーを書けるか、、、

そういう当たり前の勝負になったみたいです。

少なくとも現物で勝負するなら、それなりのダウンロード実績とコメント数が無いと上位には表示されない、、、

まあ、これが正しいか如何かは私は関係者では無いので判りかねますが、、、少なくとも私はそう感じています。

また、それを前提にするなら戦い方がある、、、まあ、なんとかなると思います。

訳の分からない更新をされました。

ワードプレスの使い方が判らないです。

私が使えるのは日本語だけです。

それをいきなり、イタリア語で書けと強要しています。

馬鹿です。

使えないです。こんなシステム、、、

私が3手先、4手先を確実に読めるのは人間の思考パターンを理解しているからです。

それを今日から犬の思考パターンを理解しろと強要しているのです。

鬱陶しくて嫌です。

それ位、システムが変わったということです。

鬱陶しくて嫌です。

それでいて出来ることが変わらずとか、、、何をやりたいんでしょうか?

私ならこんなシステムは作りませんね!

訂正します。画像が貼れません。

貼り方が判りません。

思考が読めないんです。

そんなシステムなんて要りません。

ただでさえ更新のネタが少ないサイト、そのネタが出来たのにそのネタを書くことが出来ません。

これってプロとして失格ですよ?

ユーザーにストレス掛けて如何するんですか?

そんなことを堂々とやる感覚が気に入りません。

IPhoneのアプリでそんなことをやったら30秒持たないですよ! 間違いなく次の瞬間に消されます。

そんなレベルの改悪です。

このサイト、結構シャレになっていないです。

アメリカに乗っ取られました。

本来、アフィリエイトサイトのつもりで始めたサイトですが、

ここ半年は、そういう活動もせず、日記サイトみたいになっているので

構わないと言えば、構わないのですが、、、


アメリカからの訪問者が61.4%、、、

まあ、アメリカ在住の日系人の人が見ているのでしょうから、不思議では無いのでしょうが、、、

何か複雑です。

日本語オンリーのサイトなのに、英語圏の方の方がより多く読まれているって、、、


疑問なんですが、アフィリエイトで小遣い稼ぎをしようとして、1円単位の、、、

お名前.comとかの広告を貼ったとして、そこからドメインを何方か購入されたとして、、、私の手元にお金が入るのでしょうか?

はたまた、超高額商品のリンクを貼ったとして、売買成約時に仲介手数料は入るのでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はろうきてぃ 純金大判・小判セット130g
価格:2052000円(税込、送料無料) (2018/12/31時点)

楽天で購入

 

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はろうきてぃ 純金小判30g
価格:540000円(税込、送料無料) (2018/12/31時点)

楽天で購入

 

 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はろうきてぃ 純金小判15g
価格:194400円(税込、送料無料) (2018/12/31時点)

楽天で購入

 

 


 


 

これが私の戦闘力です。

17万4583、、、それが私の戦闘力です。

3ヶ月の累計だから、1ヶ月だと5万8194

ここ1ヶ月位の数値でみたらべらぼうな上がり方です。


如何にASOがチョロいって言っているのか、判ると思います。

上2つのアプリは結構、成功しているんですがリピータを取れない構造になっているんです。

これでも結構やらかして失敗しています。

アプリのバージョンアップしないとキーワードいじれないので、今更新手続きの最中ですがまあ、シャレじゃ無い域まで到達しています。

競争相手が金にあかせて、アプリストアで広告をバンバン入れるくらい、、、

特定キーワードでは、ご近所さんがそんな感じです。


私は貧乏人なので広告は打ちませんが、、、

如何に私がバランスが悪いと言っているか、お判りだと思います。

現物を探しに来ているのに、このダウンロードの低さ、、、

ASOのスキルに比べるとプレゼン力が貧弱なんです。


まあ、自己満足的、自画自賛の記事ですが、

口だけじゃ無い、理論を語っている訳じゃないんです。

今日の合計戦闘力は2436、、、

まだまだ、上がりますよ!

まあ、普通の人間は付き合っていられません。

「生存スキル」が高すぎるので、

その癖、トラブルに巻き込まれる可能性が高いので、

私生活でも、サラリーマン時代でもトラブル続きです。


まあ、マトモに私の相手をしているとトラブルに巻き込まれるので、

よくサービス員として、搬入係として外回りなんて出来ていたと思います。


また、そんな体質、そこから培った経験則とか、、、

人に教えようが無いんです。

普通に暮らしていても、事あるごとにトラブルが舞い込む、、そんな生活をしています。

感性で生きている人でもあります。

あまりにも普通の人間が出来ることが出来ないのですが、
逆に普通の人間がどんなに頑張ったって無理な事が出来ます。


バランスが悪いんです。

まあ、普通の人間が普通に出来る事が苦手なので、人から信頼されないは、役職があっても部下が動かないとか、、、

つくずく、1人作業系に特化したスキルなんです。

自分の責任で、全て自分が責任を被る、、、


良くも悪くも、アフィリエイト、アプリ開発とかに特化したスキル、、、

アフィリエイト、、、まあ、こちらは既に諦めましたが、、、

ただ、それなりに読める記事を書けるのは事実です。

それが売り上げに繋がらないだけで、、、

人によっては嫌味か自慢にしか聞こえませんが、

これでも失敗しているほうです。

なんせ、このアプリ、オーストラリア、イギリスとかに対応していませんし、、、

私の場合、日本を含めて5つの国を相手に出来るわけですが、その内の2つしか使っていません。

潜在的な力はこの倍はあると思います。

1.3Kそれが最新の結果です。

これくらいになると個人がこずかい稼ぎする分には十分過ぎるほど注目はされているわけです。

例えると、大通りに構えた洋食屋、、、

大通りに出した時点で半分は成功しています。

あとは、如何にお客さんの興味を引くか、店に入ってもらうかだけです。


今日の実績で考えると1300人の内、21人、、、

1.6%の人しかアプリをダウンロードしてくれていません。

この確率を如何に上げるかの問題です。

既にASOの問題では無く、プレゼン手法の問題、、、


何も根拠が無く、ASOが出来ると言っている訳ではありません。

3つのアプリを合わせて1ヶ月で650、、、

それが目に見える実績です。

そして昨日今日の実績は40弱、、、

1200ダウンロードのペースです。


120円で販売したと仮定して手取りは10万ちょい

まあ、実績が無い駆け出しの開発者のアプリですから、有料化すると10%までダウンロード数が落ちるでしょうから

1万円くらいの稼ぎにしかなりませんが、実績を積み重ねれば適切なプレゼンが出来ていれば、伸び代は際限なしです。

まあ、アフィリエイトで1万円稼ごうと思うと100万円の商品を売らないといけない訳です。


アプリの販売は二択、要るか/要らないか、、それだけです。

代替え品が存在しない世界の商品です。


同じ仕様のアプリは存在しません。

そもそも、マーケティングを完璧にやって作ったアプリでは無いので他の同種のアプリには似ていないのです。

また、私が持っているスキルは基本的に全てレアスキルで真似しようと思っても出来ないという厄介なものばかり、、、

他は関係なく、私のアプリは受けるか/受けないかの2択、、、第三の選択肢はお客さんには無いんです。

4月までアプリを更新しつつ、無料のままで続けるつもりです。5000人規模のユーザーが居るアプリを有料化したら、、、まあ、おこずかい程度なら稼げるでしょうね!

どんなに悪く見積もっても、、、

盲点、、、

アプリを多言語化するなら、英語に対応させるなら

アメリカだけじゃなく、イギリス、オーストラリア、カナダ

向けにもローカライズした方がいいですよ!

まあ、細かいことを書くと、国ごとで言い回しを理解してもらえなかったりするかもしれませんが

細かいことを気にしていてはアプリを売り込めません。


SEOはさっぱりです。

自分のサイトを盛り上げるには、更新回数が少なすぎます。

また、SNSをやらないとキツイですね!

まあ、それを行なったところで物販形のアフィリエイトサイト、、、販売報酬が1%とかで商品を宣伝していても限界があります。

効率が悪いんです。


今はアフィリエイトを諦めて、アプリの方に完全に軸足を移しています。

120円のアプリを販売したら85円、、、

85円アフィリエイトで稼ごうと思うと8500円の商品を売らないといけないわけです。

単発で売れることはあっても継続して売れるかどうか、、、

少なくとも私には無理ですね!


面白い記事を書けても販売には繋がらない、、、

そんな感じです。

アフィリエイトで稼ごうと思ったら、出来れば自分しか持っていない情報を出し続けて、商品を独占販売するのが1番効率が良いです。

そういう意味で言ったら、アプリ販売ってやりやすいんです。


自分しか持っていない開発情報を公開するわけですから、、、

ASO(アプリストア内の検索最適化)は私、、、比較的得意なんです。

適切なキーワードは以前から分かっていました。

ただ、それを設定しても上の順位が取れないだけ、、、


それは昔のことで、今はど本命のキーワードは持っています。

検索順位1位の少しマイナーなキーワードを捨てて、ど本命のキーワードを入手しました。


本当はこちらでも検索順位1位を取れると思っていたんですが、流石にそこまでは甘くなく、検索順位が14位

まあ、上げていく楽しみのある順位だから良いかなと思っています。

プレゼンには絶対の自信があるので、それくらいはハンデです。

結構アラがあると思いますが、実際注意深く見直すと、後から改めて見直すと、欠陥を見つけたりしてしまいますが、

それでも、IOS11に最適化されたプレゼン資料には、ただコメントが多いだけ、順位が上なだけのアプリには負けない自信があります。


過去の有名アプリほど相手にしやすいかな!

有名アプリは、キーワード設定で「無料」を入れている可能性があります。

このキーワード、今は新規登録は禁止されているキーワードで、これにしがみつく限り、アプリの更新は出来ません。

Xの発売前に禁止されたと聞いていますが、1年も放置されているアプリは死んでいると見られる可能性があります。

サポートも放棄、、、

結構、過去の栄光にしがみついている物って多いですよ!

成功体験が抜けないのか、プレゼン資料がそのままとか、、、IOS10の同時表示数が2枚 IOS11の同時表示数が3枚、、、

この絶望的な環境の違いに気付かないと、ハマりますよ!

まあ、人のプレゼン資料をよく見ることですね!

判断は的確で早いんです。

それが他人とチームを組んでやると、、、

まあ、構成力がずば抜けています。

忍耐力もあります。

私は本来、書家なので2、3ヶ月掛けて作品を書き上げる訳です。


2、3ヶ月同じことを繰り返す訳ですから、正解、、、その時に取り得る最前の方法を探す訳ですから出来て当然です。

長期間のシングルタスクは得意なんです。

まあ、先生の下で作品を作り上げる訳ですが、手本を書いてもらったものに可能な限り合わせて書くのですが、例え手本を下敷きにして書いたとしても同じ様には書けません。

墨の濃さが違います。

筆を動かすスピードも、、、

そもそも、筆だって、、、同じメーカーの筆を使いますが、

筆って消耗品なんです。

特に小筆は、、、

全く同じ条件で書くのは不可能なんです。


小筆って、小学生が学校で教わるような使い方はしません。

全ておろします。墨で根元を固めて、先端の5mmだけおろすとか、そんな筆の使い方はしません。

筆の中で使うのは先端の1本だけ、、、

他の毛は墨を貯めておくためのもの位しか価値はありません。


私の場合は、高さ方向を0.5mmの範囲でコントロールして縦、横、斜めに線を引けるくらいの実力かな?

まあ、公募展に7回入線するくらいのレベルです。

専門でやっている人の中では、良くもなく悪くもなくといった位の実力でしょうか?

まあ、それでも上位5%位の位置に居たとは思いますが、、、


小筆の寿命なんて1ヶ月あるかどうか、、、

私の先生は、月に3、4本使い潰すと言っていました。

先端の1本の毛で字を書くのですが、紙との摩擦で毛がすり減ってきます。

そのトラブルは突然やってくるかも知れません。

70cm位の巻物にするような紙、、、時代劇の巻物は、70cmの紙をノリで繋げるんですが、、、

1枚書くのに3〜4時間掛かるんです。


最後の1行で失敗したらそれまでです。

細かいことを書くと、失敗したところを切ってしまえば良いのですが、判る人には失敗したことが判る訳です。


まあ、こういうことを続けていれば、間違い探しは得意になります。

手本との差を探し、可能な限り似せて書く、、、

その時その時の状況を瞬間で確認して、可能な策を尽くして書いていく訳です。

感性の部類に入るのかな?

恐らく同じことを他人がやったら10倍は判断力が早いです。

適当に書いていると思われるくらい、、、


まあ、実際は逆の結果にはなりますが、、、

素人さんは、早く書かざるを得ません。

墨量のコントロールが出来ないから、私は面倒くさがってそこまではやりませんが、1文字30秒くらい掛けて書きます。

こんなの素人さんがやったら、1秒筆を止めたら墨溜まりが出来てしまいます。

先生には1文字1分書けて書きなさいと指導を受けます。

例えば平仮名’の「あ」とか、、、

1分掛けて書くことは出来ますが、ちょっとそこまでの根気がありません。

1回の休憩で書き上げたいので、まあ訓練された人間なのでそりゃ徐々に集中力は落ちていきますが実用範囲で2〜3時間の集中力は保ちます。


どの分野でもそうだと思いますが、それに特化した人って言うのは、繰り返しの反復練習でしか上達しないような事をやっている人は、忍耐力も判断力もズバ抜けています。

適当に判断を下しているように見えても、素人さんの10倍100倍はそのことを観察して自分なりに判断を下していること、過去に経験したことなので判断が早いんです。


いちゃもんを付けてくる人間がいる訳です。

考え抜いた後での結論であっても、それは不可能と判断した結果でも、、、

直情的に、頑張りが足りないとか、何故諦めるとか、、、

大抵そういう判断をする人間は、いっちゃ何ですが頭が悪いです。


相手の気持ちを理解していません。

3分前に聞いた話を根拠の無い自信で相手に自分の意見を押し付けているに過ぎません。

えーと、場合によってはそのテーマだけ半年は考えている人に対して言うんですよ? おかしくありませんか?

具体案が無いでしょ? その手のことを言う人間って根性論で語る人間って、、、


出来る人間は、何故相手がそれを諦めたかを聞きます。

相手を初めから否定する人間は出来ない人間です。

諦めた理由を聞き、可能性の1つでも一緒に見つける努力をする、、、

具体案は出ないかも知れませんが、そういう方には好感を持てます、


スピードが左右される世界でその道の実績がある専門家が下した判断を違うと根拠なく批判する人間は如何かと思います。

実世界だと足を引っ張られることがあるんですよね!


アプリ開発は、ひとり作業の時は特にそうですが作家性が出ます。

まあ、作品な訳です。

作品を作っている最中は、自己否定を続ける訳です。

アプリをヒットさせたいなら、ヒットするまで、、、


ヒットしない理由は何かと、、、

また、ヒットしない理由が見つかったとしても、節操無く全て直すのは考えものです。

得てして、無責任に発言する人達の言葉は矛盾だらけです。

全ての要望を叶えようとすると非現実的な商品になってしまいます。


ありがちな例としては、スマホ、、、昔の様にバッテリーをユーザーが交換出来る様にしてほしとか、、、

防水性能を高めてくれとか、、、


1人の人間が矛盾したことを平気で言いますからね!

防水構造にするためには、水が入る経路を極限まで無くし、水の侵入経路を減らした上で防水対策しないといけません。

バッテリの接点を水に濡れる可能性が残っている状態で防水対策をするってあり得ないことなんです。


1つの作品を売れる作品にするには、お客さんの声にならない要望を聞き、自己でその真意を理解消化してその本質を作品に反映させることかな?

売れないのは売れないなりの理由がある、、、

私はそう考えています。

1対1なら相手を納得させれば、自分が変わる必要はありませんが、不特定多数の人間を相手にする場合、自分が相手に譲歩するしかありません。

その努力をせずに売れないと言い続けるのは、世間が悪いと言い続けるのは筋が違うと思いますよ!

来週は諦めました。

まあ、何だかんだと行って7日ー10日間のペースでアプリを更新続けたんですが、、、

今回、システムの基礎構造まで直すことになりました。

見なかったフリをしていた箇所では無かったのですが、改善の余地があるところ、、、最初のリリースバージョンから存在していた機能を、、、

基本構造の変更なので、同一システムには移植が楽なのですが、なにせ作業が膨大、、、

基本的にその時に対応出来るものを修正してリリースしているのですが、どう考えても7日は超える作業、、、

そして今まで短期間にリリース出来たのがアプリストアに載せる画像を更新していなかったから、、、

画面周りまで変わってしまうので、そのままの画像を使うことが出来ません。


アプリストアに載せる画像を作るのって、死ねるんです。

作業量が半端ありません。

フルで更新すると1機種当たり10枚の画像が必要です。

今、IPhoneとIPhoneXとIPad proの3機種分の画像を用意していますが、それに日本語と英語、、、2言語分を作ると、、、60枚、、、

1日は楽に死ねます。

まあ、30枚の画像は流用するつもりではありますが、それでも6時間は掛かります。

60枚作るのと同じ時間、、、


既に作業効率が落ちまくっていて、休憩をしながら現実逃避をしながらしか作業を続けられないんです。

アップルの審査に通ればの話ですが、通ってしまえば確実に上を目指せるのですが、、、余裕を持って作ると2週間、、、

また、1週間ごとに技術レベル、表現方法が進化しています。

1機種を作り込むと、他のアプリが一気にみすぼらしくなる、、、

基本的にデザインレベルは低く無いのですが、、、困ったものです。

基本、自慢話しか書けないんですが、

人に言っちゃいけない系統のノウハウばかり集まっています。

まあ、他のサイトを含めて書いたこととか含めての話ですが、

粗探しが得意な訳です。

昔は、プレミアムドメインの探し方講座をやりましたっけ、、、

今回、それをアプリストア内でやってしまったんです。

本来、取れないアプリ名を入手する。


私は特定のアプリに酷似するアプリ名は付けるつもりはありません。

まあ、その気になれば取れるでしょうが、それだけで検索順位が上がるほど甘くは無いでしょう!

何を入手したかは秘密、、、

どのような系統の物かも、、、


但し、それを持っていたら物凄く有利なものです。

今朝、リリースしたアプリの検索結果が1位だったんですが、

その言葉を捨てて乗り換えるつもりです。

問題は、その言葉でリリースをさせて貰えるか、、、

ちょっとドキドキものです。

申請が却下されたら、元の特定のキーワードで1位の言葉に戻します。


ここら辺は私の過去の言動を見ていれば、持っていると有利なものがわかります。