どうも、アルゴリズムが変わったみたいです。

アプリストアの検索アルゴリズムが、、、

今まで比較的、楽勝だったのですが、その戦法が通用しなくなりました。

まあ、使えない戦法は隠していてもしょうがないので、ここで書きますが、

アプリ名で現物を取りに行く、、、余計なことを何も書かずに、、、

以前はこれが最強だったりしました。少なくとも私が把握している中では、、、

アプリ名が一番強い、、、他の解説サイトにも書いてありましたが私もそう思います。

その次に強いのがサブタイトル、、、ここも現物を取りに行きます。

ここで言う現物とは、「その商品を示す言葉」と「ジャンル」です。

例えば、アプリ名を「だいこん」、ジャンルで言えば「野菜」と言う名前で取ります。

競争が激しいと、現物そのものは取れません。

それでも、プラス1文字で抑えてください。

どうもアプリストアの検索エンジンの論理では、検索ワードと一致度が高いものを、ダウンロード数や評価数より優先するというアルゴリズムがありました。

私はそこら辺の癖を見抜き、これはというキーワードをアプリ名にして検索順位を稼ぎました。

年明けまでは8位ー14位くらいをうろうろしていたのですが、広告を貼ったアプリはダウンロード実績でここら辺にカウントされるんです。

広告を出さなくなった瞬間に消えますが、、、

それが今は40位くらい、、、はっきり言って上はランカーしかいません。

きちんとしたコメント数、ダウンロード数を持ったアプリしか、、

サブタイトルが弱くなりました。

普通のキーワードと同程度かな?

このような状況になると、アプリ名にキーワードを入れた方が有利になります。

アプリ名、、、言うなればサイトでいうドメイン名です。

重複が効かない言葉、、、これが検索エンジンの中では強い力を持つんです。

アプリ名が最強なのは今も変わりませんが、サブタイトル、キーワードはアプリ名を装飾する言葉、、、検索されそうな言葉を選ぶ、、、

例えば、「新鮮」「産地直産」とか、、、

如何にセンスが良いキャッチコピーを書けるか、、、

そういう当たり前の勝負になったみたいです。

少なくとも現物で勝負するなら、それなりのダウンロード実績とコメント数が無いと上位には表示されない、、、

まあ、これが正しいか如何かは私は関係者では無いので判りかねますが、、、少なくとも私はそう感じています。

また、それを前提にするなら戦い方がある、、、まあ、なんとかなると思います。

まあ、普通の人間は付き合っていられません。

「生存スキル」が高すぎるので、

その癖、トラブルに巻き込まれる可能性が高いので、

私生活でも、サラリーマン時代でもトラブル続きです。


まあ、マトモに私の相手をしているとトラブルに巻き込まれるので、

よくサービス員として、搬入係として外回りなんて出来ていたと思います。


また、そんな体質、そこから培った経験則とか、、、

人に教えようが無いんです。

普通に暮らしていても、事あるごとにトラブルが舞い込む、、そんな生活をしています。

感性で生きている人でもあります。

あまりにも普通の人間が出来ることが出来ないのですが、
逆に普通の人間がどんなに頑張ったって無理な事が出来ます。


バランスが悪いんです。

まあ、普通の人間が普通に出来る事が苦手なので、人から信頼されないは、役職があっても部下が動かないとか、、、

つくずく、1人作業系に特化したスキルなんです。

自分の責任で、全て自分が責任を被る、、、


良くも悪くも、アフィリエイト、アプリ開発とかに特化したスキル、、、

アフィリエイト、、、まあ、こちらは既に諦めましたが、、、

ただ、それなりに読める記事を書けるのは事実です。

それが売り上げに繋がらないだけで、、、

ウチのサイトのSEO対策2018、
まあ、これがベストでしょうね!

モノアイ?のひとり言(量産型)です。

スマホのレイアウトを検討してしています。

おそらく、これが一番良い、、、あおり方でしょうね!

それなりに知名度がある場合にですけど、、、

この時点では、謎かけに対して何も答えていません。

謎の呪文をかけ続けています。

そして、アッガイの頭、、、写真が入り込んでいます。


ジラしたのは2行だけ、そこに別の方法でジラして面積を稼いでいます。

まあ、詰まらないとお客さんに逃げられる可能性はありますが、10中8、9はスクロールして記事を読んでもらえるでしょう!


幾ら、つまらない話でも焦らされると人間、、、聞きたくなるものです。

文字でも焦らして、写真も半分も見せていません。

続きがあることは誰の目から見ても明らかです。


30秒持たせれば勝ちの世界です。

SEOの世界は、時間稼ぎを出来るだけして、1画面ごとに謎を作り記事を書いていけば30秒くらいは持たすことが出来ます。

記事のタイトルで跳ねられなければ、、、

この記事は結構上手く書けました。

記事のタイトルからは思いもよらない方向に話が転がっていきます。

転がっていきますが、私は嘘をついた覚えはありません。


行き当たりばったりで、複数の話題を繋いだ覚えもありません。

この記事が今後、私の書き方のベースになりそうです。

まあ、スマホでどう見えるか最終確認しないと文字の折り返し、計算したレイアウトが駄目になったりしますが、自由に使いこなせたらこれ以上の見せ方は無いでしょうね!


ワードプレスのアイキャッチなんて使い物になりません。

これに比べたら、、、写真の全体像を全て見せている時点で、写真への興味は無くなります。

見えていなければ、見終わるまでは興味は続く訳です。

モノアイ?のひとり言(量産型)

宜しかったらどうぞ!

スマホで見ていただけると言わんとすることが判ると思います。

ドメイン名は、www.ms06f.com


まあ、SEO絡みでここまで詳しく理論を語っているところ、テクニックを語っている所、、、理屈では無く、理想では無くを語っているところって、、、

見た記憶が無いんですが、、、それは私が会員制サイトに入っていないからですか?