ウチのサイトのSEO対策2018、
まあ、例え話を作ってシンプルに話をすると分かりやすいですよ!

友達に誘われて「服を買いに行こう」と誘われました。

アルバイト代も入って懐があったかいので「いいよ」と返事をしました。

朝10時のことでした。

その日に買いに行くと思ったら、友人から、、、

それじゃ、来週の日曜日でいい?と聞き返されました。


今日も暇だったんだけど、、、と思いながら来週? 空いてるよ?と返事をしました。


当日、友人と2人で電車に乗ってイベント会場に行きました。

即売会です。着物の、、、


その日の友人の装いが気にはなっていました。

可愛い浴衣着ているとは思っていましたが、、、


会場で聞きました。着物の即売会だったの?

友人は答えました。「うん、先週言ったでしょ?っと」


さて、どちらが悪いのでしょうか?

ある意味、どちらも天然です。

人の話なんて聞いていません。


私はほんと頭にきて、30秒でその会場を後にしました。

友達を残して、、、

その後、街をブラブラしてウィンドショッピングして、服を買って家に帰りました。 おわり、、、


これを検索エンジン上での出来事に置き換えると、

検索のキーワードが「服」「買い物」で一番上に表示されたものが気に入らなかったので、1ページ内に表示されているサイト全て回って服を注文した。

気に入った柄が無かったり、値段が高かったりして折り合いが付かず1ページに表示されている10件を全て見てものを買ったわけです。

「洋服」を、、、

人間って真にそれが常識と思い込んでいることを口には出しませんからね! それが世間の常識だと思っているから、、、


これは何を示しているかというと、お客さんは「服」「買い物」で着物が検索1位に出てくるのは望んでいないこと、洋服が1位に表示されることを望んでいるということです。

「洋服」とは一言も言っていないのに洋服を紹介しろと言っているわけです。

理不尽ですね! でもこれに答えているわけです。

アンケート方式で順位をコントロールしているんです。


定期的な人気投票で1位にいた着物が5位くらいに落ちていきます。見た目上は、、、でも運営サイトからしたらアクセス数はそんなに変わらないのに、むしろアクセス数が上がっているのに何故?

そう思うくらい急激に下がることがあります。


まあ、下がっても当然です。

本人が気づいていないうちに、季節が変わったんです。


私の身の回りでの変化の状況を観察していると、じっくり観察していると見えてくることがあります。

「隠しキーワード」が設定されたと、、、

これが、上位に表示されない原因です。


ユーザーに無数のアンケートを取っていると、その集団の指向性や常識っていうものが人気の記事に書かれている「キーワード」で集約されるのです。

昔、例えその検索結果で1位を取ったサイトでも、その新しく設定された「隠しキーワード」に対応してないと上位に表示されないのです。


まあ、その隠しキーワードを適切に当てられ、記事にうまく取り込めるサイトは上に上がれるでしょうね!

これ、検索エンジン自体がパラメータとして設定されていなくても起こりえることです。


自分のサイトの運営に悩んでいる方、順位が上がらなくて悩んでいる方は、他のサイトのトレンドを読み解くことをお勧めします。

他のサイトと自分のサイトとの違和感、それが「隠しキーワード」です。

あっ別に、記事読み込むことは無いですよ!

無駄です。そんなことしたって、あくまで検索結果に表示されるテキストが全て、、、そこにある種の規則性があるなら、それが「隠しキーワード」です。




ウチのサイトのSEO対策2018、
まあ、2日ならこんなものかな?

「seo2018x」の限定キーワードで一位


運がよければ、今でもドメイン名で検索を掛ければ一位を取れますよ!

一応念のために書いておきますが、ドメイン名で検索掛けたからって必ず自分のサイトが表示されると思ったら間違いです。

「rx782」で検索掛けたって、ウチのサイト表示されません。
強い競合がいたらそちらに取られてしまうんです。

まあ、「rx782」と「白い悪魔」で検索したら一位だけど、、、


このサイト、今までのサイト運営のノウハウ、SEO対策のノウハウをつぎ込んでいます。

私は足がかりさえあれば、上位を目指せます。

名は体を表す。

「SEO特化型」です。


「SEO」、「2018」の複合検索でランキングに入れるように

「SEO特化型」でランキングに入れるように頑張ろう、、、




ウチのサイトのSEO対策2018、
因みにこのドメインがオススメです。

機動戦士ガンダムの劇中で活躍したグフの型式

www.yms-07b.com

www.yms07b.com

固定ファンも付いているドメインだし持っておいても損は無いと思いますよ!

ガンプラ系のサイト、ガンダム関連のニュースサイト系を立ち上げるなら、アニメ系のサイトとして使うのもいいですね!


まあ、ざっと10万円分の広告費が入った状態のドメインがほとんどタダみたいな状態で手に入るんです。

ガンダムじゃなきゃ嫌だ?

ザクじゃなきゃ嫌だ?


手遅れです。諦めて下さい。

私は売る気はありません。

実は私はガンダム系のドメインをあと2つ持っているんです。

www.rx782.com、、、サイト名『白い悪魔?」

www.ms06f.com、、、サイト名「モノアイ?のひとり言」


ガンダムと量産型ザクに由来するドメイン、、、

強いですよこれらのサイトも、私の運用の仕方が余りぱっとしないので他のサイトほど強くはありませんが、、、

ガンダムのドメインが時価60万円、量産型ザクのドメインが30万円位だったかな?


私の手持ちのドメインと同じ価値のあるドメイン、、、

お名前.comでプレミアムドメインとして売っていますよ!


あと、ドメインってサイトの住所って例えは適切ではありません。

サイトの電話番号です。

住所って同じ番地に何人も住んでいるので厳密に個人を特定できません。

電話番号は世界にひとつです。


ドメイン名は重複しない、これがネット上での基本ルールです。

ガンダム、量産型ザクに比べたら、グフは弱いと思いますが、サイトを垂直立ち上げしたいなら押さえて置いた方が身のためですよ!

また、一度見逃したら、買い戻すのも大変です。

ほぼ、不可能と思ってもいいでしょう!


まあ、本人の技量、やり方次第ですが、「水陸両用」くらいまでは持っていくのは可能だと思いますよ!

それくらいのパフォーマンスはあります。




ウチのサイトのSEO対策2018、
そもそも、検索順位のデータって何処に保存されるか知っていますか?

何処のサイトでも、そうですがグーグルが検索エンジンのアルゴリズムを公開していない以上、外部からそのアルゴリズムを解析して、SEO対策するしかないのが現状です。

誰が何を論じようと、Googleが発表している情報以外はガゼの情報が混じっている。

そう思ってください。


これは天体観測と同じです。

星の挙動を見て、ずっと観察し続け恐らく真実だろうと云うことまでは分かりますが、何万光年先の星には行けないので本当か如何か、確かめようが無い、、、

これによく似ています。

誰も本当のことは知らないのです。

Googleのエンジニア以外は、、、


まあ、解説している本人は、その挙動から自分なりの予測を立て当たっていると確信しています。

その予測に対して、一般的に言われていることと違うと言っても意味がないのです。

今までの言われて来た事と、私が書いている事、、、どちらが本当は正しいか分からないのです。


因みに、Googleがウェブ上にインデックス(キャッシュ)を作っている理由はご存知ですか?

Googleが各サイトの点数を付ける際に参照するデータ、およびスコアを保存する場所です。

また、インデックスの書き換え中にどういう挙動を起こすかご存知ですか?


そこの順位の候補のインデックスを全て表示して並べ替え作業をするのはご存知ですか?

www.msm04.com、、、「水陸両用?」と云うサイトを持っています。

ガンダム系のサイトです。

ファーストガンダムに出て来たジオンの水陸両用モビルスーツ、アッガイの開発コードをドメインに持つサイトです。

(正確に言うとーが無いのでモドキですが、ガンダムファンなら常識的に知っている名称です。)


Googleの検索エンジンですが、スコアを付けている最中は全てのインデックスが表示されたままの状態になります。

そしてそれは、スコアを付け直すまでずっとそのままです。

下の写真がその風景です。

「ぼーっとするアッガイ」発動の確認時間が15時47分、、、

 

16時25分、、、

17時31分、、、

17時52分、、、やっと効果切れかけ、、、

掲載順位が2位から3位に落ちています。


発動の確認時間が15時47分、、、

終わりが17時52分、、、

終わりが不透明だからと17時31分でカウントしたとしても約100分

100分間はインデックスが展開されたままとなり、その順位を独占出来ます。


因みに見えているところだけが私が独占しているところじゃ無いのを書いておきます。

調子が良いときは2位〜30位をウチのサイトで独占します。

この状態は不定期に起きます。

私が知っているだけで、この症状の持続時間は3時間以上


条件が揃わないと、この状態にはなりませんが、一度なったら最後、他のサイトがどのようなSEO対策を行おうと無意味、被害を免れるのは私のサイトより上の順位だけという恐ろしい状態になります。

場合によっては、1つ上の順位まで巻き込む、、、


私が知っている私が使えるSEO対策ではこれに勝るものは無いです。

これを意図的に起こせるなら、これ以上のSEO対策は存在しません。


www.msm04.com、、、私が持つ最恐のドメインのひとつです。

「ぼーっとするアッガイ」という限定キーワードでしか発動できませんが、その検索結果を支配してしまう能力、、、

私は他のサイトではお遊びで「ぼーっとするアッガイ ザ・ワールド」と読んで遊んでいます。


因みに遊びで書いた「ぼーっとするアッガイ ザ・ワールド」の能力の解説はこれです。

能力、、、自分以外のSEO結果を全てなかったことに出来る能力、検索順位2から28位を全て支配できる能力(12月23日現時点)

回避方法、、、無し(1度発動させたら終わり)

まあ、最恐です。

インデックスが展開されている時、そしてある程度の順位に自分のサイトがいる場合、検索したお客さんに選択肢を与えない、、、

競争相手がその間、実質存在しないんです。


これに比べたら、、、

www.kitty3.com、、、、 KITTYさん

なんて可愛いものです。推定時価総額400万円のドメインより悪質で強力、凶悪なサイトって、、、

私の手持ちサイト、これまでに紹介した

KITTYさん

わんこ

水陸両用

そのどれもが、それぞれ癖がありますが、非常に強いサイト、、、

理解していただけたかと思います。


因みに「ぼーっとするアッガイ ザ・ワールド」が起こる理由は至極簡単です。

検索結果の中に表示される結果は1つのサイトで4、5個まで

この仕様が関わっています。

ブログの記事のタイトルを「No.xxx、ぼーっとするアッガイ」に固定して50〜60記事書き続けた結果です。


他のサイトの解析でも明らかになっていますが、検索エンジンは記事のタイトルを重要視します。

そのキーワードで検索を掛けたから起こったのがひとつの理由

あと、全ての記事の内容が検索エンジンとしては甲乙を付け難く、判定するのに100分掛かってしまった。

処理能力の限界を超えてしまったので動作がスローモーションになった。

こう言う事です。

まさに、時を止めてしまったんです。


この症状が起こることを知っていて、自分で起こしたことのある自称専門家ってどれだけ居るのかな?

少なくとも、ホワイトSEOとしては最強のテクニックです。




ウチのサイトのSEO対策2018、
検索順位の上がる仕組みはご存知ですか?

「今日のわんこ」「バックナンバー」の複合検索で4位をキープしていますが、実はてっぺんのサイトが運営しているツイッターも下しています。

因みにウチのサイトのアクセス情報です。

たった144人が481回訪問しただけ、、、

それだけで、ツイッターを下しています。


どう少なく考えても、1日5000人来るサイトより評価が上、、、

どういう理屈だと思いますか?

因みに、このキーワードでツイッターに負けたことは記憶にありません。


これって自分のサイトが徐々に順位が上がる理由も示しています。

検索が上位表示される論理って、まあ、人数で表示されることもあるでしょうがそれだけでは無いことを示しています。


1枚目の写真、滞在時間を示しています。

30分〜1時間が34人

1時間以上が26人

それがこのサイトが上位表示されている理由です。

あと、リピーターが付いていることも評価されていると思います。


少なくともウチのサイトは、延べ人数で、ツイッターに勝っているんです。

ツイッター1回30秒の閲覧として、ウチのサイトで1時間いるお客さんは秒数に直すと3600秒、、、

30秒のお客さんの120倍の価値があると判断されます。


ここでウチのサイトが怖いところが、1時間以上が26人もいること、、、

コンテンツを全て続けて読むと私の試算では最低でも8時間かかるかな?

そういうお客さんがゴロゴロ居るサイトなんです。

1時間以上とタカをくくって居たら3時間いたとか起こり得るんです。

3時間のお客さんって30秒のお客さん360人に相当する、、、

お客さんに長くいて貰えるって評価されることなんです。


では、お客さんを迷子にさせるサイトを作った場合は如何でしょうか?

目的の記事を見つけるまで粘り続ける、、、それがそこにしか無い情報だったらそうするしか無いでしょうが、、、

何回も同じ人が来るでしょうか?

リピーターが居て、長時間居る、それが顧客満足度が高いと判断できる条件です。


これは、ファンになってくれる人が少なからずいて、何回も来て読み込んで貰えるなら検索順位は上がっていくってことです。

常識的に考えれば100位圏外のサイトが悲しいほど検索に引っかからないサイトが数ヶ月後には上位にいる、、、

ある一部の人に対して絶対的な信頼を勝ち取ることが出来れば、検索上位に上がることは不可能では無いことを示します。




ウチのサイトのSEO対策2018、
検索上位ランカーの特典って知っていますか?

私の手持ちサイト、「わんこ」です。

ドメイン名はwww.kyounowanko.com


まあ、現時点では私が持つ最強のドメインのひとつです。

これは、そこらへんの野良のドメインを探して入手したものです。

オールドドメインかどうかは私は気にしません。

きちんとした意味のあるドメイン名が欲しいのです。


また、短いことを是とするなら、これは希少文字列ドメインではありませんが、良いドメインです。

文字の揺らぎが一切ないので、きょうのわんこ.com  、きょうのわんこはローマ字読みで入力ねと言えば、

オフラインで人にサイト名を教えたりする時、まず間違えることはありません。


「今日のわんこ」「バックナンバー」の複合検索でGoogle4位、、、

スマホ客を相手にするサイトだったら全然駄目な順位ですが、パソコンを使っているお客さん相手ならまずまずの順位です。

スマホ、、、画面上に一度に表示される記事の件数は2件です。

つまり、スマホを使っているお客さん相手に商売をしようとしたら、最低でも2位に入らないと商売になりません。

ここで、お客さんの調べごとが済んでしまったら、3位以下の人にはチャンスがありません。


その点、パソコンを使っているお客さん相手のサイト運営は楽です。

検索10位までに入ればいいから、、、


まあ、この程度で自慢するなとおっしゃる方も居るかと思いますが、実はこのサイト、、、このキーワードで検索1位のサイトだったりします。

上位独占のサイトだったりします。

3枚目の写真、「今日のわんこ」「バックナンバー」を画像のタブで表示を切り替えた状態です。

太陽と犬のマークはウチのサイトのものでは在りませんが、それ以外の画像は全てウチのサイトの画像です。

この画像、、、画像リンクですのでウチのサイトへの入り口でもあります。


これが上位ランカーの特典、画像リンクです。

因みに2枚目の写真でも画像リンクが表示されています。

6枚の画像リンクの内、5枚が私のサイトの画像リンク、、、


まあ、ほとんど無敵なわけです。

手間取って上位に行けないのも、企業系のサイト相手に負けている、、、

私の競争相手って大企業だけなんです。


まあ、雑学としては面白かったんじゃ無いでしょうか?



ウチのサイトのSEO対策2018、
ここ以外にも強いドメインを持っています。

ある意味、それぐらいじゃ無いとSEO系のサイトなんて作れません。

www.kitty3.com サイト名は「KITTYさん」

因みにこれに近いドメインがお名前.comでプレミアムドメインとして販売されています。

www.kitty1.com、、、お値段は399万9840円(税抜き)です。


www.kitty3.com、、、別に、プレミア価格で買ったわけではありません。

ちょっと探したら誰も保護していなかったので、購入しました。


まあ、オールドドメインとしての価値は私には判りかねますが、

少なくとも希少文字列ドメインです。

私にとっては、www.kitty1.com持っていたって意味がないんですよね!

私の様な日本人にとっては、、、ゴロ合わせにこれを読んでも「キティわん」、、、話になりません。

www.kitty3.comは「キティさん」


世の中ダジャレで満ちています。

テレビCMでフリーダイヤルを連呼するとき、ゴロ合わせで読ませようとします。

覚えて貰おうとします。


一度見たら忘れられない番号、ドメインって結構重要です。

これだけ短いと、アドレスの直接入力で来られる方もいます。

新規客を呼び込もうとしたって、どんな記事を書いたって初めからGoogle先生に相手にされません。

SNSでお客さんを引っ張って来れる、、、私にはこれも懐疑的です。

どこに行っても新参者は、その場所で自分だけの力で目立つのは殆ど不可能です。

結局は検索最適化されていないと見つけてもらうことが困難だからです。


誰かネット上で力を持つ人に引き上げて貰わないと、、、

知人、友人にそういう人が居ないときは、SEO業者に引っ張り揚げてもらうしか無いでしょうね!

ダークな方法には興味が無いし面倒なので私はやりません。

別にそんなことをやらずに検索上位を抑えているので、、、

ここでは詳しく書きませんが、私のサイトを渡り歩くとその意味が判りますよ!


プレミアムドメインを保持しているので、、、プレミアムドメインって自然流入が期待できます。

記事なんて書いていくうちに幾らでも軌道修正が出来ますが、ドメインを変えるって、少なからず付いてきたお客さんを捨てることにもなりかねません。

SEO対策の第一歩は、ドメイン選定、、、

大雑把に決めると後で後悔します。 ドメインは客を呼べるドメイン名にした方が良いですよ!


因みにプレミアムドメイン相当のドメインは後2つ持っています。

また、ドメイン自体にはそこまで価値がないドメインですが、遥かに強いサイトも持っています。

それもこれも、ドメイン名にこだわった結果です。


希少文字列ドメイン位ならそこら辺に転がっています。

探せる人には探せる、原石、、、

別の機会で探し方を紹介します。




ウチのサイトのSEO対策2018、
ドメインを入手しました。とびっきり良いのを、、、

SEOで稼ごうと思ったら、どんなキーワードで「てっぺん」とったら良いと思いますか?

まあ、一番簡単に調べる方法は、Googleの検索エンジンでseoと打ち込むことですね!

検索で出たページの下の方に、検索候補が出ます。


seo、、、1ページ目に4つも広告が表示されています。

まあ、激戦区ですね!

生意気なことを言わせてもらうと、ここでSEO関連の広告を載せる企業なんて私は信じません。

お客さんからの依頼で、検索上位に表示しますよって宣伝している会社が、、、自分のところのホームページが検索上位に表示されないって、、、

口の悪い言い方をすれば、競争相手のすくないキーワードなら勝てますが、競合の多いキーワードでは勝てませんと言っているようなものです。


まあ、順位をお金で買うなら、SEO対策してもらうなら止めておいた方が良いですよ! そんなとこは、、、

話が逸れました。


企業系サイトではドメインとか、サイト名が自由に決められない、、、会社を連想させる名前を使わないといけないという縛りがありますが、個人のアフィリエイターには縛りがありません。


頭を使えば、スタートダッシュで差を付けることが出来ます。

「ドメイン名」と「サイト名」で、、、

話を元に戻します。

SEOで今現在、求められている条件はページ下に表示されている検索候補、、、


これを持っていると有利なわけです。

ウチのサイト名は「SEO特化型」、、、

ドメインはwww.seo2018x.com

いかに有利な条件で、ドメインを入手したかお分かりでしょう!

2017が今のトレンドですが、じきに2018がトレンドになります。

また、トップレベルドメインがcom、、、


ドメインだけでは勝てなくなったとかは、聞く話ですが、それでも意味不明のドメイン名よりはマシです。

アドレスの直接入力で来る人はゼロではありません。

seo2018x、、、xがちと余分ですがシンプルで覚えやすいドメインです。


ネットの世界では先行者有利、卑怯くさい事でも、その業界で通用する特殊用語も、、、まあ、商標が取られている言葉に対して抑えるのは如何かとは思いますが、先に抑えた方が勝ちです。

後から何と言われようが知っちゃこっちゃないです。

そのドメインを先に保護して居ない方が悪いんです。

www.ikatama.com を持っています。サイト名は「いか玉?」です。

私の手持ちサイトのひとつです。


理想論ばかり言って、内容と実績が伴わないってわけじゃ無いんです。

そしてこれが検索結果、、、

まあ、強いですよ! 私は、、、

SEOに関する工夫、方法論を無料で提供して、サーバーの契約で稼ぐ、、、

それが、このサイトのビジネスモデルです。