ウチのサイトのSEO対策2018、
まあ、これがベストでしょうね!

モノアイ?のひとり言(量産型)です。

スマホのレイアウトを検討してしています。

おそらく、これが一番良い、、、あおり方でしょうね!

それなりに知名度がある場合にですけど、、、

この時点では、謎かけに対して何も答えていません。

謎の呪文をかけ続けています。

そして、アッガイの頭、、、写真が入り込んでいます。


ジラしたのは2行だけ、そこに別の方法でジラして面積を稼いでいます。

まあ、詰まらないとお客さんに逃げられる可能性はありますが、10中8、9はスクロールして記事を読んでもらえるでしょう!


幾ら、つまらない話でも焦らされると人間、、、聞きたくなるものです。

文字でも焦らして、写真も半分も見せていません。

続きがあることは誰の目から見ても明らかです。


30秒持たせれば勝ちの世界です。

SEOの世界は、時間稼ぎを出来るだけして、1画面ごとに謎を作り記事を書いていけば30秒くらいは持たすことが出来ます。

記事のタイトルで跳ねられなければ、、、

この記事は結構上手く書けました。

記事のタイトルからは思いもよらない方向に話が転がっていきます。

転がっていきますが、私は嘘をついた覚えはありません。


行き当たりばったりで、複数の話題を繋いだ覚えもありません。

この記事が今後、私の書き方のベースになりそうです。

まあ、スマホでどう見えるか最終確認しないと文字の折り返し、計算したレイアウトが駄目になったりしますが、自由に使いこなせたらこれ以上の見せ方は無いでしょうね!


ワードプレスのアイキャッチなんて使い物になりません。

これに比べたら、、、写真の全体像を全て見せている時点で、写真への興味は無くなります。

見えていなければ、見終わるまでは興味は続く訳です。

モノアイ?のひとり言(量産型)

宜しかったらどうぞ!

スマホで見ていただけると言わんとすることが判ると思います。

ドメイン名は、www.ms06f.com


まあ、SEO絡みでここまで詳しく理論を語っているところ、テクニックを語っている所、、、理屈では無く、理想では無くを語っているところって、、、

見た記憶が無いんですが、、、それは私が会員制サイトに入っていないからですか?







ウチのサイトのSEO対策2018、
露骨にやれば、これくらいのことは出来ます。

KITTY3.com、、、

私の手持ちのサイトの中じゃあまりぱっとしませんが、まあそれなりには強いです。

1時間以上滞在する人が14人くらいには、、、


ぱっとしない理由も分かっています。

商標の件を気にしてそこまでエグく突っ込んでいなかったんです。

まあ、今回、いいキーワードが見つかったんで付け加えました。

ついでにサイト名も変更しました。

かなりエグく、、、


まあ、私は瞬間的であればグーグル検索1位くらいは取れます。

公式サイトも抑えて、、、

今回は、スマホ対策しています。

全てひらがなのサイト名、、、カッコ書きで通常のサイト名を併記していますが、、、

やり方さえ上手ければ、これくらいのことは出来ますよ!

上手くすれば、「きてぃ」「つうはん」「KITTY」「通販」のキーワード取れるかな?







ウチのサイトのSEO対策2018、
ASOが出来たって意味が無いんです。

サポートページが駄目駄目じゃ、、、

自戒の意味で書きます。

サポートページのトップページにリリース情報なんて置いちゃ駄目です。

全く新規のお客さんにはリリース情報なんて意味がないです。

特に、レビューも無い、無名の無料から有料に切り替えたばかりのアプリには、、、

無料アプリは、敷居が低い分、AppStore内だけの記事でダウンロードしてもらえる可能性が有りますが、有料だと例え最低料金の120円であろうとお客さんは途端に真剣になります。

全ての情報を見て購入すべきかどうか判断するわけです。

レビューが300あったとしたら、全体のスコアと代表的なレビューだけ読まれます。

レビューが無いときは如何するかと云うと、判断に迷った時に如何するかと云うともっと詳しい情報を求めてサポートページに来るわけです。

そこが、新規のお客さんにとってつまらない情報だらけのページだと乗る気だったお客さんは駄目だと判断してしまうんです。

私はSEOとASO、、、共にそれなりに出来るわけですが、それだけでは駄目と、お客さんに駄目出しされてしまったんです。

まだ、ワードプレスの特性、IPhoneユーザーが好むレイアウトが掴みきれていない状態です。

コンテン不足は認識できたので、サポートページはグーグルに評価される程度の記事は書けていたんですが、いかんせん、内部リンクの繋がりが悪く、一見さんはすぐに逃げだしてしまう始末、、、

サポートページですから、無料の時にダウンロードしたお客さんも来るわけです。

その人が読み込んでくれても、検索順位は上がるわけです。


まあ、今回はいろんな意味で失敗しました。

もう少し、少ないながらも来てくれるお客さんのことを考えるべきだったんです。

基本、パソコン、スマホ両方ともお客さんはボタンは押しません。

それをよく考えるべきだったんです。


これまた、ワードプレスの悪口になりますが、パソコンページとスマホページとで挙動が違う、迷惑なことを平気でやってくれます。

パソコンで表示されているメニュー、スマホの時はボタンの下に隠すんです。

ことの原因、本質的な原因のひとつがこれです。

トップページに常に全ての情報を表示させて置かないと、内部リンクの置き場所を適切な位置に置かないと見てくれないんです。


この仕様が嫌いで、たまらなく嫌いでしたが、対処しようが無く放置していました。

ワードプレスの標準テーマは改造してナンボのものです。

標準では使えません。 はっきり言います。標準では使い物になりません。

所詮はパソコン屋が作ったシステム、、、スマホユーザーが使いやすいシステムになっていないんです。


お客さんがやってくれるのは、嫌々でもやってくれるのはスクロールだけです。

何の情報も示されていない。「次へ」のボタンなんか押してくれません。

これは、アフィリエイトする時に、検索10位以内に入れと云うのはこれに該当するのです。

これが20位まで、1ページ目に入っていれば20位まではOKなんです。

「次へ」なんて不確かな情報だけのボタンなんか押してくれないんです。


ウチのサイトだけに限らず、お金を持っていそうな企業系サイトですらスマホに特化したサイト、、、

見た記憶がありません。

出来が良いと思ったサイトもパソコンページの方が充実している始末、、、

少なくともアプリのサポートページはお客さんにストレス無く使ってもらえるページじゃ無いと、話になりません。

パソコン用ページなんて作るのは楽なんです。

画面が広いから、多少ミスっても何とかなります。


スマホ用ページは考えなしに作るとはまります。

ここ2週間で今まで問題点が見えていなかったところが色々と見えて来ました。

これを対処しない限り、アプリのダウンロードは望めません。

幾ら本人がこだわりの自信作と胸を張って思っていても、サポートページが駄目だとそっぽを向かれるんです。

SEO、ASO対策がバッチリでもそっぽを向かれるんです。

例え検索1位を取ったってそっぽを向かれるんです。







ウチのサイトのSEO対策2018、
ブログでも固定ページは必要です。

ワードプレスのテーマでTwenty Seventeenを使用しています。

初めからプリセットで用意されているデザインが一番好みだったので使っていたのですが、何故か「固定ページ」と「最新の投稿」を同時に使用できない不具合があり、「最新の投稿」を表示させて使っていました。

突き詰めていけば、「固定ページ」と「最新の投稿」を同時に表示させることは可能だと思いますが、「固定ページ」の重要性や使い処、、、分かってなかったので、、、

「固定ページ」は必要です。

これを主体にシステムを組み立てていった方が良いです。


ついさっき、気付いたところです。

今まで気付かなかったことは、私はそれなりにキャッチーなサイト名、記事のタイトルを書けるので、記事のタイトルを半ば固定化しているので、それをやってこなくてもある程度は出来てしまった、、、

そういう事です。Twenty Seventeenで固定ページを表示させると何故か同じ固定ページが2回表示されると云う謎の仕様があり、それを嫌ったというところもあります。


最初のサンプルページを綺麗さっぱり消してしまったので、お手本はどういう挙動で動いていたのか、後から確認できなかったのが不味かったです。

現在、Twenty Fifteenでサイト運営しようと考えています。

これであれば。「固定ページ」を2回表示するという不具合もありませんし、固定ページから、最新記事へリンクを貼ればそちらへ誘導できます。


また、1年間サイトを運営してきて、運営してきたにも関わらず人が増えなかった理由の一つが分かった訳です。

ほんと、よくこんな中途半端な状態で「わんこ」、、、

「今日のわんこ」「バックナンバー」の複合検索で3位を取っているなぁという感じです。


「固定ページ」を常に表示するということは、サイトのトップページに表示させると云うことは、そこにキャッチコピーの1つや2つ、、、

検索キーワードを仕込めるので、、、

ある意味、そんなのに頼らず、サイト名と、記事のタイトルだけで今の地位を気付いた、、、

無知って恐ろしいです。

固定ページを主体にしてブログを作成した方が良いですよ!







ウチのサイトのSEO対策2018、
サイトのタイトル、キャッチフレーズを逆転させる、、、そう云う方法もありますよ?

ワードプレスは「サイトのタイトル」「キャッチコピー」を設定することが出来ます。

これの役割を逆転させます。

これの利点は、検索エンジンにも人間にも納得させられること、、、

尻切れトンボになるなら、サイト名、、、

そう云う風にする訳です。

キャッチフレーズ+サイト名、、、SEO的には有利に働くはずです。

まあ、倒置法ですね!

回りくどい言い回しですが、意味不明の言葉ではないです。

「貴方のそういうところが嫌いです。」

「嫌いです。貴方のそういうところが」

意味は同じです。使っている単語も、、、

「嫌い」という音葉、、が尻切れトンボになりそうだったら、初めに宣言しちゃえばいいんです。







ウチのサイトのSEO対策2018、
評価を受けたかったら、コンテンツを提供する側になれと言うことでしょうね!

ここで、自分自身が出来ているか、このサイトがそれを出来ているか論は無しにします。

そんな論法を言い出したら世の中が回らなくなります。

経営のことを知らない若造が、経営に口出しするな!

→品質が落ちているから、もう少し体制を見直して欲しいとか言う工場側にそんなことを言った日には、、、先が無いですよ!

変化点の理由を教えてもらっているのに突っぱねるって、、、


特化型サイトがSEO的に強いのは、類似のキーワードが集まることと、上記のことが関係するでしょうね!

コンテンツ紹介型のサイト、まあ、調査に調査を重ねて独自視点も加えたサイトなら、、、コンテンツ評論型サイトになるのでそれはそれで専門系サイトになるわけですが、コンテンツ紹介型サイトを紹介するサイトとか、、、

場合によっては伝言ゲームの様に情報が劣化して行き、何が何だか分からなくなることも有るでしょう!


コンテンツ創造型サイトは、自分のサイトだけで完全に完結するサイトです。

有名であれば、ファンが付いていれば紹介される側にもなり得るサイトです。

まあ、ここに有料とか無料の話を持ち出すと話がややこしくなりますので考えませんが、情報の発信元が一番強い、評価されるというのはあたりまえのことです。

そして、そこで書かれている商品説明が自画自賛ではないか、、、まあ多かれ少なかれ商品紹介ってそんなものですが、それを評論サイトで見る、、、


食べログを書いているのに順位が上がらないとか、有名な店を紹介しているのにとか、、、それは評論になっていないかも知れませんよ?

食べログで有名になっている人は、評論サイトを運営していると思いますよ!

個人的には感想だけのサイトは評価しないかな?







ウチのサイトのSEO対策2018、
詰めが甘いですが1日だとこんなもんですかねぇ

お金に余裕があるなら、動作確認、実験用のドメインは持っていた方がいいです。

さもないと、お客さんが来ているかもしれないサイトで30秒おきに設定が変わる、、、このサイトのように、、、

色の保存先を見つけて直接書き換えました。

まだ、詰めが甘いですが1日だとこんなものかな?

黄色を、マーカーの様に使おうとすると、まだ、文字の色が明るすぎてしっくり来ません。

あと半日くらい、調整が必要かな?




ウチのサイトのSEO対策2018、
他の方がおっしゃる通りですね!

見た目で判断されています。

人間が見た目で、、、

検索を掛けたときに表示される記事のタイトル、、、

今回の場合は、サイト名とキャッチコピーの表示なんですが、、、


基本、私はグーグルの順位操作くらいは簡単に出来るので、、、

暇つぶしの読み物程度の物は書けるので、順位を上げることは難しくないのですが、、、

今力を入れているアプリのサポートサイトも、キーワード2つで検索2位まで持って行きました。

例え、それが現実的では無い「限定キーワード」であってもそこからの流入はゼロでは無いので頑張ったわけですが、、、

尻切れトンボになった、3つ目のキーワードを入れてみると、圏外に飛ばされました。

私はてっきり、データとして取り込んだものを全文検索して判定してるんだと思っていたようですが違いました。


個人サイト、、、しかもマイナーな、、、

そういう場合、時と場合によっては形振りなんか構ってられません。

狙えば確実に上位を狙える自分にとったら、やらない理由なんてありません。


ここで1つアドバイスをしておきますが、

サイト名とキャッチコピーとの間にはーが入ります。

表示文字数のことを考えるとーが入ることで1文字分損をしています。


サイト名を気取ってシンプルで短いものにすると、損をする場合がありますよ?

今回、ウチのサイトはまさにそれでした。


そこらへんの処を踏まえて、サイト名を直そうと思います。

ほんと、思うんですが、私をまともに張り合える人、企業ってどれだけ有るんでしょうか?

企業系って固いわけです。

融通が効かないというか、、、タダの通販サイト位なら、アナウンス系位なら食い散らかす事くらいは楽なんです。

また、個人系サイトの場合、アフィリエイト、、、大抵は儲けが頭にあって記事を書いているサイトを運営している訳です。


私は、採算度外視と云うか、売れない記事でも平気で書いちゃうわけです。

商売っ気が低いため、結果的に滞在時間が伸びて上位に表示、、、


まあ、おもちゃを売るかDVDを売るかというビジネスモデルの話と近いんです。

アフィリエイトでおもちゃを紹介、私はどちらかというとアニメのDVDを売るという、、、


まあ、私は匿名でやりたいので、その筋では儲けることは出来ませんが、本当の意味でまともにやり合えるのは、個人のコンテンツ作成者、、、WEB小説、WEB漫画くらいじゃないの?と思っています。

自分が欲しいキーワードでその筋の人間、企業がいなければ検索上位を取ることはさして苦じゃない、、、

何でしょうねぇ、、、

お金を儲けることは得意じゃ無いんですが、SEOは片手間でも出来ちゃうスキルって、、、

それも、相当高いレベルで、、、







ウチのサイトのSEO対策2018、
黒字白文字は使わない方が良いですよ!

ワードプレスの初期設定は嫌いです。

嫌いですが、初心者にはそれを直す力が無いので嫌々でも使い続けることになります。

インターネット全盛の時代だから検索を掛けて調べれば一発で治る、、、

考え方が甘いです。大甘です。

そんなことじゃ、世の中渡っていけませんよ!


セキュリティ絡みも多分にあると思うのですが、記述方法を何回もコロコロと変えたりしている節があります。

わざとスパゲッティプログラムを作っている節があるんです。

解析されたら、全てが解析されそうになったら書式を変える、、、

こっちとしてはカスタマイズ性が低く、標準設定が物凄く極端で使えないから直そうとしているのに、、、


検索結果として出てきた記事を1本1本読み込み、実験しないとその記事が今の基準で正しいか分からないんです。

2ヶ月前の記事ならまだ信頼できるが、2年前の記事だと書かれた通りに記述を変更しても動かない可能性が大きい、、、


データの構成を知らない素人が直そうとしても難しいんです。

ブログの世界では素人ですが、フォント、レイアウト系はプロだったりします。

そこら辺にはうるさいですよ!

タダのWebデザイナーくらいなら勝てると思っていますから、タダのアプリ系のデザイナーなんかには負ける気がしません。


服飾系デザイナー、ブランド時計のデザイナーなんかに比べればWeb系のデザイナー、アプリ系のデザイナーは2枚は落ちていると感じています。

流石に服飾系デザイナー、時計のデザイナーの配色、レイアウトのセンスには勝てるとは思っていませんが、自分はそれに近いところにいるつもりです。


モノクロ系のレイアウトをある程度極めている人間にしたら、Web系のデザイナー、アプリ系のデザイナーが使う色合いは原色レベル、、、ケバすぎて使えないんです。

書家、モノクロレイアウト系のプロです。

書家に勝てる人間なんかそうそういませんよ! ネットの世界には、、、


結構話が脱線しました。

「黒地白文字」か、「白地黒文字」どちらが良いかといえば、「白地黒文字」でサイトを運営した方がよいです。

黒地白文字は高級感を演出できますが、また妖しさも演出します。

高級ブランドを売るイメージ第一のサイト、専門知識で押していくサイトなら黒地白文字でも構わないかも知れませんが、アフィリエイトなら自分を殺してでも、周りに合わせるべきです。


このサイトの背景色、、、やっと変更できました。

個人的には文字を白系にしたいのですがその方法が見つかっていません。

暫定の設定ですが、前よりはましだと思っています。


背景が白って目が疲れるんです。

少しでも色合いを落とした方が目には優しいんです。

しかも発光体、、、蛍光灯を永遠と見続けるようなものです。

別に白じゃなくても明るさを演出できます。

暗くならず、そしてケバくない配色、、、訓練された人間には作ることは難しく無いんです。

色は作るのは簡単なんです。

それを、ワードプレスが許してくれないだけ、、、


データの直接書き換えで良いんですが、、、自分の理想の形をつくるまではもう少し時間が掛かりそうです。







ウチのサイトのSEO対策2018、
器用では無いんでわかる人には分かってしまいますが、、、

IPhoneアプリを作成しています。

まあ、やっとサポートページの運営に力を入れ出したというか、、、

AppStore内でどれだけ頑張っても限界があると気付いたのでサポートページを販促ページに作り変えて販促に乗り出しているところです。


AppStore内って自由気ままに紹介文を書けません。

明文化されているところからそうで無いところまで、、、

Appleの意向に添えない内容の説明文は載せられません。


また、文字数も限られていますし、逐次、説明文を更新とか出来ません。

最新記事という別枠での説明文はいつでも変更は可能ですが、文字数制限は有りますし、内容によってはAppleの逆鱗に触れることでしょう!


つまり、当たり障りの無いことしかしか書けないのです。

「詳しくはWEBで、、、」CMで持て囃される手法ですが、これはアプリ販売に関わってくる重要な事です。

サポートはしっかりしているか?

適時、ユーザーの望む情報、使い方の提案をしてくれるか、、、


無料アプリなら兎も角、お金を取るアプリなら管理体制を見られます。

最終的に購入するかの判断はサポートページで行われる可能性が高いのです。

そんな重要なページを、AppStoreのカーボンコピー程度の記事しか載せていなかったら、、、

販売の機会を逃してしまいます。


2日前からサポートページを作り直しています。

これこそ、特化型通販サイトです。

SEO特化型の、、、


まあ、私はある程度のバックリンクや知名度さえあれば、SEO的に成功させることが出来ます。

比較的簡単に、、、


今更、ドメインは変えることは出来ないので、サイト名とサブタイトルを変更しました。

まあ、それだけで今まで検索に引っかからなかったページが上位表示です。

100位圏外から20位〜なら2日の実績ならば上出来でしょう!


まあ、最低限の知名度を持っていることが前提ですが、もしくはプレミアムドメイン、希少文字列ドメイン、、、

一瞬でも良ければ順位を上げることなんて造作ないんです。

サイト名とサブタイトルを使えば、、、

例えば「お好み焼き」が欲しいとします。

これをグーグルで検索します。

検索後、検索ページの一番下に出る検索類義語の一覧を見ます。

この中から自分が使いやすいキーワードを選んでください。

それを「サイト名」「サブタイトル」に割り振ります。

それだけです。


その選んだキーワードに負けない、名前負けしない記事を書き続けることが出来れば上位に表示されます。

簡単でしょ! トリックは、、、


「お好み焼き」の場合だと欲しいキーワードは、「広島風」と「美味しい」かな?トレンドに入っている言葉なら、、、

私は「冷凍食品使い」、「検索エンジン使い」でもあるのでそこに深い知識が無くても何とかなります。


サイトの運営に伸び悩んでいるなら、荒療治ですが効果は有りますよ!

あと、文章として完成させることですね!

キャッチコピーとして、、、