ウチのサイトのSEO対策2018、
器用では無いんでわかる人には分かってしまいますが、、、

IPhoneアプリを作成しています。

まあ、やっとサポートページの運営に力を入れ出したというか、、、

AppStore内でどれだけ頑張っても限界があると気付いたのでサポートページを販促ページに作り変えて販促に乗り出しているところです。


AppStore内って自由気ままに紹介文を書けません。

明文化されているところからそうで無いところまで、、、

Appleの意向に添えない内容の説明文は載せられません。


また、文字数も限られていますし、逐次、説明文を更新とか出来ません。

最新記事という別枠での説明文はいつでも変更は可能ですが、文字数制限は有りますし、内容によってはAppleの逆鱗に触れることでしょう!


つまり、当たり障りの無いことしかしか書けないのです。

「詳しくはWEBで、、、」CMで持て囃される手法ですが、これはアプリ販売に関わってくる重要な事です。

サポートはしっかりしているか?

適時、ユーザーの望む情報、使い方の提案をしてくれるか、、、


無料アプリなら兎も角、お金を取るアプリなら管理体制を見られます。

最終的に購入するかの判断はサポートページで行われる可能性が高いのです。

そんな重要なページを、AppStoreのカーボンコピー程度の記事しか載せていなかったら、、、

販売の機会を逃してしまいます。


2日前からサポートページを作り直しています。

これこそ、特化型通販サイトです。

SEO特化型の、、、


まあ、私はある程度のバックリンクや知名度さえあれば、SEO的に成功させることが出来ます。

比較的簡単に、、、


今更、ドメインは変えることは出来ないので、サイト名とサブタイトルを変更しました。

まあ、それだけで今まで検索に引っかからなかったページが上位表示です。

100位圏外から20位〜なら2日の実績ならば上出来でしょう!


まあ、最低限の知名度を持っていることが前提ですが、もしくはプレミアムドメイン、希少文字列ドメイン、、、

一瞬でも良ければ順位を上げることなんて造作ないんです。

サイト名とサブタイトルを使えば、、、

例えば「お好み焼き」が欲しいとします。

これをグーグルで検索します。

検索後、検索ページの一番下に出る検索類義語の一覧を見ます。

この中から自分が使いやすいキーワードを選んでください。

それを「サイト名」「サブタイトル」に割り振ります。

それだけです。


その選んだキーワードに負けない、名前負けしない記事を書き続けることが出来れば上位に表示されます。

簡単でしょ! トリックは、、、


「お好み焼き」の場合だと欲しいキーワードは、「広島風」と「美味しい」かな?トレンドに入っている言葉なら、、、

私は「冷凍食品使い」、「検索エンジン使い」でもあるのでそこに深い知識が無くても何とかなります。


サイトの運営に伸び悩んでいるなら、荒療治ですが効果は有りますよ!

あと、文章として完成させることですね!

キャッチコピーとして、、、







ウチのサイトのSEO対策2018、
「わんこ」を封印すると記事が書きづらいですね!

まあ、良くも悪くも「わんこ」が今、一番強いと言うか、手を掛けていますので、、、

特化型サイト、、、まあ、私には向いていないのかも知れませんね!

ある程度のことは書けますし、結果は出せますが、、、


それなので、SEOに関連することでは無く、ちょっとした方法論について書きます。

責任分界点は決めた方がいいです。

仕事をした証として、作業前、作業中、作業後の写真は撮った方がいいです。


仕事で責任を取らされたくなければ、責任分界点を明確にして、自分の仕事の実績をアピールすべきです。

でも、これって現実社会だけで無く、ネット上でも応用の効く考え方です。

問題点がどこに有るか見つけ、段階ごとに効果があるか検証する。

複数の要素が絡み合うと分析しようがないから、少しずつ効果を確かめながら実践する。

過度の干渉が有ると、自分が踏んだデータなのか、本当に受け入れられた結果なのか分かりづらいので、サイトの大幅更新とかは2日セットで1日は改造、1日は効果を確認、、、

そうやって行った方が分かりやすいと思いますよ!







ウチのサイトのSEO対策2018、
ちょっと如何やろうか考えています。

IPhoneの開発者って本名を公開する義務があります。

それを回避するには、自分で会社を立ち上げるか、何処かに売り込んでアプリを買ってもらう必要があります。

実質、このどちらも対応が取れない場合は名前を公開するしかないんです。

本人が嫌がろうが何だろうがこれは決まりです。


この場合、ホームページ上での活動が結構制限される訳です。

例え、手持ちサイトに有名ブログを持っていたとしても、折角匿名でやっていたのに身バレする訳です。

私は、結構やばそうな感じです。

自分が使える分だけとは云え、結構なお宝ドメインを持っており、「限定キーワード」とは云え、狙ったキーワード検索10位に入れられる訳ですが、その中核に使用しているのがドメイン名とサイト名、、、

これらを巧みに利用して順位上げしている訳ですが、私自身が面白おかしく運営していると思っているだけで反感を買っている可能性が大きいんです。


そんな状態のサイトと、実名が基本のアプリのサポートページを繋げてしまうとヤバいんです。

ある意味、噂程度で関連付けられる程度なら構わないのですが、本人から進んで関連付けをするとなると、、、


ASO対策はしっかりやっているつもりですが、無料化から有料化のタイミングで躓いている訳です。

まあ、ベータテストを十分長い期間やったので、ダウンロード数の母数は2500人は居ますが、現在何人が使ってくれていることやら、、、

ある意味、無料でダウンロードを稼いでも、無料アプリと云う敷居の低さから、お客さんが使えないと判断した場合情け容赦無く消される可能性があるんです。

これが、有料アプリなら最低価格の120円でも払ってくれたお客さんなら3日ぐらいは我慢して使ってくれるとは思いますが、、、

そう考えると、初期の頃にダウンロードしてくれたお客さんが残っている可能性って限りなくゼロに近いんです。


公開デバッグに付き合ってくれたという位の意味合いしかないんです。

AppStore内での広報活動も限界はある訳です。

そして今までのダウンロードしてくれた人たちも基本的には当てに出来ません。

また、1度有料化した手前、そこでお金を払ってくれた人がいる以上、理由なく下げるわけにもいかないんです。

新生活応援とか言い出して期間限定で値段を下げると、下がるタイミングがあると見透かされると商売にならないんです。


ネット上ではサポートページだけで如何盛り上げるか、、、

AppStoreから以外のお客さんを呼び込めるかが問題なのですが、、、

まあ、ゲーム会社がゲームの攻略サイトを作る的なアプリの代名詞たる主要なキーワードを強引にもぎ取るしか無いのかなと考えています。


まあ、それにりに面白おかしくは記事は書けるので、日記、為になる系、雑学サイトにちょっと作り直してお客さんを呼ばないとと思っています。

その点このサイトは楽ですね!

「わんこ」とかからお客さんを引っ張ってこれます。


まあ、煽りみたいな感じで以前書きましたが、順位を上げることとお客さんに自分を信じてもらうのはちょっとばかり違います。

信頼を得るにはそれなりの実績の積み重ねが必要です。

検索エンジンのアルゴリズムの隙を突いて上位に表示されてもお客さんに信任された訳じゃ無いんです。

そういう意味では、3ヶ月時間が掛かるのかも知れませんね!

お客さんの信頼を得るのに、、、

ウチのサイトのSEO対策2018、
100万パワーがあれば落とせますね!

まあ、「わんこ」です。

「今日のわんこ」「バックナンバー」の複合検索ですが3位取れました。

昨日書いた計算方法で延べ時間を計算してみます。

面倒なので30ー1時間と1時間以上だけで計算します。

本日のパワーは3万2400、、、これを1ヶ月、31日で計算すると100万4400、、、

先月が31万パワー位でしたから相当なものです。


本当に今まで何をやってきたんだと云うくらいに、、、

因みにウチのサイトの武装は、

ブログ記事が4、画像リンクが5と云う化け物じみたもの、、、

1ページ目に表示される記事が9、画像リンクが6、、、

15個しか存在しないコマの中で9個を占有、、、


順位が上がらないはずはありません。

画像リンクが強いです。

この位置にあるのが大きいですね!


さて、何で稼ぎましょうか?

犬関係のホテルとかでアフィリエイトがあると良いなぁ、、、







ウチのサイトのSEO対策2018、
打ち筋を考えることですね!

まあ、人には得手不得手があるものです。

基本的に商品を買わない系の人間は通販サイトには向いていません。

その商品をすすめる熱量が乏しいというか、、、


でも、通販系のサイトでしか稼げないという、そこにしかすがれないという事情もあります。

高額サービスの広告を打とうと思ったら、その分野でそれなりの知識が無いと話になりません。

最低でも、自分がそのサービスを使った上での感想を書かないと、文章に説得力が無いのです。


それで私が打った手は、数打ちゃ当たる系、、、

これはと思った商品を毎日探して紹介するわけです。

検索スキル高いですよ! 私は、、、

逆張り、だじゃれ、言葉たらず、誤字脱字、存在しないものを探す、高額商品

繰り返しネタとか、色々使えるわけです。


「いか玉?」も商品が売れない理由は分かっていて、「わんこ」と共通の問題、、、

ワードプレスで「投稿」で記事を書くと記事タイトルをクリックされるてしまうと記事が1個1個しか読めなくなる、、、この仕様によるところが大きいと考えています。


まあ、そんな状態でも「イカ玉」「おすすめ」でGoogle検索5位くらいは取れるわけです。

上に起因するところが大きいのですが、通販サイトとしてでは無くネタ系サイトとしてはウチのサイトは面白く、、、評価されていると云うことです。


まあ、ネタ系サイトでは嘘はつかない方がいいですね!

基本、どんなサイト運営してもそうですが、

お客さんをミスリードさせ、驚かす、、、これが基本です。

ミスリードをさせても、お客さんの予想範囲内だったら評価は下がるわけです。

また、だまし討ちも、、、

「ふざけるなと、、、」、まあ、漫画で云う夢オチですね!

打ち切り漫画がこれをやると、人気漫画がこれをやって物語を収束させようとすると、、、禁断の手法であるわけです。

嘘をつくのはこれと同じです。


以前、他のサイトで噛みついたのですが、

プログラマに必要なプログラム言語は何ですか?

という書き出しで書かれていた記事があるのですが、

Object C

Swift

ビジュアルBASIC 等、、、書かれていてここから選んでください的な書き方をしている記事があったのですが、

その馬鹿のオススメは、英語、、、

そもそも、プログラム言語では無いですよ!

1人でどうやってプログラム書くんですか?


要はコミュニケーション力を鍛えて、他人にプログラムを書かせろというもの、、、

あんまり、お勧めしませんが、この手の商法を使うなら、

選択肢は全部必修、全部不正解とかにするべきです。

そして話を仕切り直し、結局選ぶのはあなた次第とかでまとめて、

プログラミングスクールを勧めるのが筋だと思うんですが、英会話スクールを勧めるなんて、、、

これについては怒りがこみ上げてきました。


このサイトはスクリーンショットネタが多いです。

言葉で言いくるめて、何と無くわかった系の話を書くサイトが多い気もしますが、ウチのサイト、手持ちのサイトは上位表示の実績があるサイトが多いので説明に困りません。

現在、検索順位は5位、、、

貴方は、どうやって順位を上げますか?


さらっと答えを書くと、1、2位のサイトの説明書きを読みなさい、

3位、4位のサイトの説明書きを読みなさいってことです。

麻雀の捨て牌と同じです。公開されている情報に全ての真実が詰まっていると云うことです。

検索エンジンは放っておいて、人間相手で考えた場合、

「みんなが作っている」「レシピ」「クックパッド」「簡単おいしい」「プロ」「料理家」が「イカ玉」「おすすめ」で求められている答えです。

私なら、料理本を探します。クックパッドの、、、

まあ、この段階で順位不相応なくらいの位置にいますので簡単には上げられませんが私ならそういう戦術を使います。







ウチのサイトのSEO対策2018、
サイト名を変更したところ、「近接強襲型」が取れました。

Google検索で3位、、、

遊びのつもりで付けたんだけどこの名前、、、

ガンダム系のちょっとマニアックなキーワードに一致すると云う、、、


近接は、所詮は限定キーワードでしか効果を発揮しないこと
近接パワー型のスタンド、「ザ・ワールド」、、から近接を取ったのですが、、、

強襲は、1発当てれば戦況をひっくり返せる
ここら辺の意味を含めて近接強襲型としたのですが、、、


これでSEO対策するつもりは無かったのですが、、、

何でしょうね! 何処までが遊びで、何処からが本気か側から見ると判らないですね!

遊び無し、、、全てが検索キーワードに成り得るって、、、







ウチのサイトのSEO対策2018、
ワードプレスは嫌いです。

散々、こちらの邪魔をしてくれます。

商売の、、、

一番使えない人間て判りますか?

余計なことをするやつ、まさにそれです。

判ったふりして、勝手に指示とちがうことをやってくれる。

配色なんていかれてるし、ファミコンにすら劣る色の再現能力、、、

呆れます。


私は32000色から4色使えれば十分だから自由に使わせてくれよ!

背景が黒か白って馬鹿じゃないの、、、

そこの中で誤魔化し誤魔化し使ってきましたが、

3時間かけて作ったデータをパーにしてまいやがった、、、

色音痴は何もするな! 指示していないことは何もするな!


ワードプレスの弱点は、短歌サイトに対応していないこと。

記事のタイトルをクリックしようものなら、ユーザーの使用感はだだ下がり使えないです。

 

2枚目の写真が記事のタイトルをクリックしたところ、、、

連番でずっと表示を続けてくれりゃいいものを、わざわざ次の記事を選択させる始末、、、

あの、小ネタ系のサイトはどうすればいいんですか?

熱心に読もうとして、タイトルをクリックしたら最後一回一回次のページ次のページって選んんで行かなきゃならない、、、

最低です。この仕様は、、、

期待したお客さんを怒らせて帰らせるとはこのことです。

10分20分かけて読むページならいいですよ、これでも、、、

でも1分も掛からずに読める記事とかなら、そのまま次の記事が書かれていた方がユーザーの利便性が上がります。


昨日はこれの対応をしていて、顧客満足度がアップしています。

まあ、私のサイトを見ればわかりますが、短文系のサイトは1花月管理で記事を作り、そこに記事を追加、書き込んで行く、、、

これだけで、この程度の工夫で顧客満足度のアップに繋がります。

ワードプレスを作っている人は、思慮不足なのであまり信用しない方が良いですよ!

システムの欠陥に付き合って、顧客を失うなんてことにもなりかねません。

注意してください。







ウチのサイトのSEO対策2018、
SEO特化型/2018(近接強襲型ブログ)にしました。

まあ、SEO対策、SEO対策でやっていっても良いんですが、ここは遊び心を入れつつもキーワード入れに入っています。

SEO特化型/2018(近接強襲型ブログ)、、、

まあ、ウチのサイトっぽい名前です。

名は体を表す。

近接強襲型のところなんと本当にそうです。

まあ、基本無敵ですからね! お金儲けが出来ないだけで、、、

順位上げくらいは大したことは無いんです。


煽りまくって挑発しまくって、それでも結果を出す、、、まあ、得意だったりします。

同じレギュレーションの中で、規格の中での戦いなら早々負ける気がしません。

まあ、私の場合、同じ土俵上での戦いでも、言わば隠しパラメータが見えていて、その気になれば自由にパラメーターを変更出来る状態、、、

まあ、戦術、戦略無しに場当たり的に戦いを挑んでも勝てないでしょうね!


「わんこ」です。

このサイト、「今日のわんこ」「バックナンバー」でGoogle検索4位を取っているサイトですが、最近、画像リンクが1ページ目に表示されることも多くなりました。


画像リンク、、、検索上位ランカーの特権ですが、表示枠6個の内5つがウチのサイトだったりします。

それでも、SEO的には成功を納めていても、商売になるとちっとも成功しないという不思議なサイトです。

まあ、幾つか商売として成り立たない要素ってあるとは認識していますが、スマホの画面を見ながら触りながら何故、スマホからのアクセスが少ないんだろうと研究していました。

少し真面目に、、、


出来れば自分のサイトにはアクセスしたくありません。

多かれ少なかれ、データに影響を与えてしまうから、、、

パソコンでの記事作成は、アドミン権限で入っているので表示確認をする際も必要最小限のカウントで抑えられると思いますが、スマホとなると、、、


まあ、何に気付いて何を対応したかは別の記事で書くとして、その上げっぷりです。

まあ、途中何度かスマホからアクセスしたりしていますんでデータの信頼度があまり無いんですが、、、

1日のデータを公開します。

0ー30秒   490→502→509

30分ー1時間  46→49→50

1時間以上    39→50→52

15−30分    29→37→37

5−15分     25→28→28

2ー5分      7→7→7

30秒ー2分    6→7→7


まあ、何ていうか、、、

あんた、今まで何をやっていたの、、、よくそれで4位キープ出来ていたね!

と云うレベルです。

1日の変化量が39→52って、、、最高ランクの1時間以上の伸び幅が一番大きいって、、、

一言でいうと、ワードプレスのせいです。


まあ、この結果が順位にリアルタイムに反映されているかどうかは私には判りかねますが、反映されているとして、、、

3位、、、固いですね!

これくらいの強化魔法じゃ歯が立ちません。

でも、作業がまだ、半分残っているんで3月が後1週間あったらどこまで伸びるか判りませんが、、、


このサイト、お遊戯の発表会みたいですね!

何となく、、、

でも、上位にランキングするってこれくらいのアクセスでも大丈夫なんだと思って頂けたのではないでしょうか?

闘力が半端じゃないけど、、、

ちょっと遊びで戦闘力測定してみます。

単位は秒、、、各カテゴリーの最低時間で計測します。

0ー30秒の場合、0秒とします。

計算したところ、ウチのサイトの戦闘力は31万9950です。

31万9950、、、最悪値での計算でこれです。

延べ時間でこれくらい稼げれば、ランキング上位は夢じゃないですよ!

人を多く集めるか、少数精鋭にするか、、、延べ時間で31万9950稼げれば私のサイトに勝てるかもしれませんよ?







ウチのサイトのSEO対策2018、
やっとウチのサイト名で検索に引っかかるようになりました。

「SEO特化型」「2018」の複合検索でGoogle5位、、、

まあ、自虐的に書いていることが殆どですが、最近は特に、、、

私には、プレミアムドメインなんて要らないんですよね!

下手をすれば、希少文字列ドメインも、、、


1チャンスさえあれば、何とかなりそうな気がします。

まあ、そんな掛けみたいなことはしませんが、、、

わざわざ、ドメイン選定能力を封印したままで、戦うとかそんな回りくどいことはやりません。

SEO特化型、、、ゴロで付けたんですけど、あまり考えもせず、、、

特化型、、「特化型サイト」とか「特化型ブログ」とかの言葉に引っかかるようで、、、

「SEO特化型2018」なんて検索キーワードの塊みたいなものです。


直球のど真ん中、、、

私が見たところ、SEO特化型サイトでも、記事名でそれを論じてはいても、サイト名がそれに特化していなかったり、、、

そんな感じがします。


まあ、私は怖いもの知らずで、世間知らずなんで直球でキーワードを取りに行きますが、、、

このサイト、第三期の最後発サイトだったりします。

それなりのことは書けるんで、直球でも問題ないんですよね!

名前負けしない自信はあります。

ただ、他の人のためになるか如何かは自信はありませんが、、、


高いレベルのことを躊躇なくするので、人によっては卑怯だ、フェアじゃ無いと言うかもしれませんね!

まあ、そういう意見は無視しますが、、、

私的には同等のチャンスが自分の目の前にあったのに手を出さない方が悪い、、、そういう考え方です。

このサイトではその考え方が顕著ですね!


他のサイトは多少なりともリミッターは掛かっています。

「冷凍食品/いか玉?」は別かな?

多少なりとも引け目は感じていますが、このサイトは引け目を感じる要素なんてひとつもありません。


まあ、リミッターを外した私は怖いですよ!

「KITTYさん」「水陸両用?」「冷凍食品/いか玉?」「わんこ」

「モノアイ?のひとり言」「白い悪魔?」

そして「SEO特化型2018」、、、

基本的に全てワンフレーズ、、、しかもそのジャンルを示す一般名称、、、


巷によく言われますよね!

SEO系のサイトで、ドメイン名、サイト名にキーワードが入った方がいいと、記事にキーワードが入った方がいいと、、、

キーワードは前の方に集めた方がいいと、、、


遊びが無いんです。このサイトは、、、

全てキーワードの羅列です。

しかも高密度の、、、


まあ、ブログを始める前の人がこのサイトに来ているか如何かは甚だ疑問ですが、もっと攻めてもいいんじゃないかと思いますよ!

まあ、そんなことを書いても、サイト運営で儲かっていないんですよね!

片手間の作業で、大企業の公式サイトを落としたり、ツイッターを落としたりしているくせに、、、


ある意味、喧嘩を売りまくってそれに勝ちまくっている状態なんですが、そう言う状態で売れる商品って、物販系かサーバー契約、ドメイン登録、SEO関連しか無いんですよね!

即時提携系のアフィリエイトしか出来ないという弱点があります。


てっぺんは取れても、お金にはならない、、、

まあ、ウチのサイトは全て呪われているんです。

SEO、、、解説したところで誰も真似できないし、、、


でも、今から始める人なら真似しやすいことってありますよ!

記事の頭に、キャッチコピーを入れる、、、勿論欲しいキーワードを入れて、、、

このサイトの場合、「ウチのサイトのSEO対策2018」ですね!

これは結構効果があると思いますよ!

キーワードが漏れる心配はありませんし、記事を書けば書くほど、これらのキーワードは強くなっていきます。


取り敢えず、私がやっていることで真似しやすいのはこれかな?

今、ロレックスのミルガウスが欲しいんです。

このサイトで儲けて買えるかな?







ウチのサイトのSEO対策2018、
シンプル イズ ベスト

「いか玉」「おすすめ」とこれ以上ないシンプルな複合検索でGoogle5位、、、ついでに6位、、、

本当は「おすすめ」なんてキーワードはウチのサイトではおおっぴらに使えないキーワードですが、本来使えないものを使う、、、


何度も書いていますが、

昔の知人が何にも知らず、不用意に喧嘩売ってきたら、あいつがやっている事なんて、俺でも出来るとか言おうものなら、泣かせてやりますよ!

泣きが入るまで追いつめますよ!

泣きが入っても許さないかな?

まず、無理です。

このキーワードで今から初めて、私より上位を取るなんて、、、


ドメイン選定から、ブログ名、記事、、、

初めから考えていないと、、、

ツイッターのフォロアーが沢山いるので大丈夫とか、、、

まあ、無理でしょうね! そんな程度じゃ、、、

記事ある程度書けないと、内容が面白くないと、キャッチコピーが面白くないと、、、


今、ワードプレスに起因するシステム的な問題で順位が上げられませんが、まあ、それでも その状態でも、、、勝てるかな?私に、、、


このサイト、観念的な話ではなく、ズバリ検索エンジンのアルゴリズムを予想しています。

ここまで具体的に言い切っているサイトって早々ないと思いますよ!

しかも、プレミアムドメイン保有者、、、400万クラスの

希少文字列ドメイン保有者、、、奇跡に近い現象を起こすことが出来るサイト(まあ、やられたほうは悪夢ですが、、、)

自称、専門家程度じゃ、勝負にならないですよ!

大企業ですら、特定キーワードで落とせる相手には、、、


まあ、これらを公表しても問題ないのは、方法論を公表しても問題ないのは、誰も私の真似を出来ないから、、、

まあ、マジシャンですね!

ことの本質を教えても、同等条件でも相手より自分が上だという自信があります。

知識を切り売りしたって、それを使いこなせるだけの知恵が無いと駄目だって分かっているんです。


まあ、何かしらのヒントにはなると思いますよ!

何処まで順位を上げられるかはあなた次第ですが、、、